スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[完訳]東方見聞録2

2008年03月03日 00:07

『マルコ・ポーロ』 愛宕 松男 訳 平凡社 476ページ

マルコの旅も後半戦。

お母さんを探し回って三千里歩き回るアニメのマルコも大したものですが、こっちのマルコも負けてません。
1里って3.92kmくらいなので、3000里といえば1万1760km。地球の全周の10分の3くらいですか。
子供がそんな距離を移動してたのは驚嘆しますね。我らがマルコ・ポーロ氏はどうかというと、
ヴェニスから中国まで往復しているので直線距離でも地球の3分の2ぐらいでしょうか。

前回の内容は一巻を参照してください↓
http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-44.html

しゃべりすぎて疲れてきたのか、旅の最後の方の解説が適当になっていくのが素敵です。
黒海の説明に入る時、「やっぱり知ってる人多いと思うから、飛ばしまーす」と一章分、軽々飛ばしてしまいます。
そういうの、私大好き(笑)。

後半は中国の天津辺りから、故郷イタリアまでの行程。
前半がシルクロードの紹介にあたったのに対して、帰りはユーラシアの南側、
ジャワ島やスリランカ、インドなどを経由していきます。
中国の都市の説明は、データの羅列の様で退屈です。
カーンに隷属してて、手工業が盛んで、紙幣は…と、正直あんまり面白くないかも。
脱線するけれど、この本って注釈が本当に多くて、しかも読んでもあんまり意味のない注釈だもんだから、
すっとばして読んでいきました。まあ、こういった類の本ではしょうがないことですが。

気になるのはやっぱり、日本国の話でしょう。
「黄金の国ジパング」といえば、有名ですからね~。
しかし、住んでる私たちからすれば、「国人は誰でも莫大な黄金を所有している」という紹介のされ方は、
甚だ疑問を感ぜざるを得ない。いや、持ってないし。むしろ欲しいし(笑)。
マルコ氏自身は日本に行っていないので、中国で聞いた話によれば…という感じなのでしょうが、
建物は黄金でできていて(それは金閣寺だけや~っ)、偶像教徒で、人肉を食す…とは、遺憾ですねえ。
他にも、海外側から見た蒙古襲来の話も面白く、興味深いです。

他にはユニコーンの話で、
「乙女の膝元に寄ってくるといわれるユニコーンだが、とんでもない。
でかいし、ずんどうだし、恐ろしい猪みたいなヤツだ」との評価。
地域的に見て、野生のサイのことを指しているのでしょうが、
ヨーロッパの人たちは、これを聞いたらショックを受けただろうなあ…。
後は全裸のバラモン修行僧の話とか(笑)。

後半になってくると、マルコさん牢獄生活でボケが早まったのかな?(失礼)
戦争の話で、何度も同じフレーズが出てくるのは、おばあちゃんの話を何回も聞かされた子供の気分になりました。
そんなこんなで、とにかくマルコ氏の旅も終り、後には偉大な見聞録が残された訳ですね。すばらしい!
ストーリー性は無かったんですが、世界史好きの私には興味深い部分の多い本でした。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/72-95be770f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。