スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙の声

2007年12月13日 20:59

『星新一』著 角川文庫 219ページ

ショートショートの神様、星新一さん。
友達に貸してもらった本ですが、翻訳でしか知らなかった作家だけに、
本家本元の分野!といった感じで読みました。
海外古典文学を読む比率が高いためか、こういうほのぼのした
ストーリーを読むと、息抜きという感じがして良いですね。

内容は2本のストーリーが入っていて、3~4ページくらいの区切りで進んでいく。
どちらも少年少女がスカウトされて、宇宙に旅立つというもの。
普段、SFは苦手な私ですが、まったく抵抗ありませんでした。


ノブオのお父さんは、宇宙の仕事をしていたけれど、
もうしばらくの間、行方不明でうちに帰ってきていなかった。

ひょんなことからスカウトされて、お父さんを探す旅に出ることになったノブオは、
座標の狂った宇宙船の自動操縦に運命を任せ、不思議に満ちた星々を渡り歩くことになる。

匂いを嗅ぐと記憶を失う花、やさしい恐竜、誰が作ったのか分からない宇宙の遊園地。
導かれるように、いろいろな冒険が待ち受ける。
はたして最後に宇宙船が行き着く星は?
そして誰が一体呼び寄せているのか?
その謎を解いたとき、お父さんに会えるのだろうか?

これは2本目に収録されている「まぼろしの星」というお話。
イラストの可愛さ(片山若子さん)も相まって、
絵本をそのまま小説にしたような感じ。

宇宙戦争みたいなすごいことしている割に、可愛さの方が先に立つ。
仕事に、生活に疲れたら読みたい一冊。癒されますよ~。。。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/43-65a09a21
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。