スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪と罰(下)

2007年12月05日 23:03

『フョードル・ドストエフスキー』著 江川 卓 訳 岩波文庫 431ページ

自分は許されない罪を犯したのか…。
ラスコーリニコフが最後に行き着いた答えは。

長編小説がついに完結。下巻でいっきに視界が開ける面白さ。
今までの経緯は、長くなるので下記を参照して頂ければと思います。
上巻→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-21.html
中間→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-31.html


「ナポレオン理論」は間違っていない。自分が殺したのは何の役にも立たない老婆だ。
その老婆の金で基盤を固め、将来自分が多くの人を救えるとしたら、
たとえ自分は罪を犯したのだとしても、償っていけるのではないか。

自分はそこいらにいるような能無しではない。ナポレオンのように「壁」を乗り越えれる人間だ。
自分は…間違っていない。間違っていないんだという答えが知りたい。

彼は孤独だった。その理論は我々の生きていく世界ではあまりにも孤立していた。
彼は自首をした。けれどそれは自分にとって有利だったからだ。
事実、死刑は免れ、たった8年の服役で判決は下りた。

自分の理論は間違っていない。
彼は刑務所の中でも頑なに信じ続けた。
「あなたは理論を考え付かれたが、それが挫折して、あまり独創的でないから恥ずかしくなったのだ」
ポルフィーリィは、彼の犯罪を追い詰めた上でこう言った。

彼が最初に懺悔をしたのは、娼婦をしているソーニャに対してだった。
私的には、ここが一番見どころではないかと思う。

ラスコーリニコフは、自分が孤独なことに気がつき始めていたのだと思う。
前回ソーニャに対して、神様は娼婦をしている哀れな自分を救ってくれると本気で信じているのかと、
ラザロの復活を読ませることで問いかけていたのだろう。

「どうせ軽蔑するんだろう」という気持ちと交錯しながら、事実を話し始める。
この苦しみを分かってほしい、誰かに聞いてほしい、解放されたい。
そんな時、深い愛情のこもった目で見つめられたら。。。
哀れんでくれる人を見つけたなら。。。

私は読んでいる最中、自分が犯罪を犯したわけではないのに、
哀れんでくれる人を探していた。そして見つけた時の安心した気持。
ソーニャは言った。
「ああ、あなたは世界のだれよりも、だれよりも不幸なのね!」

ラスコーリニコフがシベリアへ送られることになっても、
ソーニャは彼の後を追ってきた。
獄中で、彼は改めて自分が孤独な事に気がついた。
ソーニャが面会に来る。それすらもぶっきらぼうにあしらっていた。

しかし、彼にも変化が訪れた。
今こそ、ラスコーリニコフはソーニャを必要としていた。
ドフトエフスキーはそれを明確な言葉で書いている。
「彼は彼女を愛している、かぎりもなく愛している、
 そして、とうとう、その瞬間がやってきたのだ」と。

私の語学力では、筆舌に尽くしがたいが、相当な深みのある作品である。
二回目を読むとより面白く、三回目はまして感じるものがあるだろう。
まず、読むことが一番近道だ。是非手に取っていただきたい。
本当に価値のある作品を読ませていただいたと思う。天才に感謝します。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

  1. えむ | URL | lMBqkpAs

    こんにちは、えむです。
    ひひさんのブログはどんどん上手くなってるし、読みも深くなってるみたい。あなた自身が成長してるんでしょうね。(若そうだしなぁ)
    最近ではご紹介の本を全部読みたくなって困ります。特にひひさんは目新しさに飛びつかず、古典どこから攻めているのがエライ!・・・と言うか、私の趣味(笑)。
    私は今、友人に薦められてヘッセの「デミアン」を読んでます。これ、かつて(70年代位?)の若者のバイブルだったそう。
    それはさておき、私たちの前にある名作の山・・・ちょっとやそっとじゃ減らないから、死ぬまで退屈しませんね。そこに山があるから登る。そこに本があるから読む。これからも良い本をたくさん紹介して下さいね。

  2. ひひ | URL | .mYluWXM

    そう言っていただけると、本当にブログを始めてよかったなあと思います。
    世の中に、こんなに人を感動させる本がある。それを一人でも多くの人に共感してもらいたい。
    その一心でやっているので、本当にえむさんのようなコメントを頂けると、励みになります。
    ありがとうございます!

    ヘッセ、アマゾンのウィッシュリストに何カ月も入っています(笑)
    本当に、読むのが追い付きませんよね。
    月に10冊読んだとしても、年に120冊。
    あと60年にきたとしても、わずかに7200冊。
    人間って、本当にはかないなあと思わずにいられません(しみじみ)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/40-d7de661a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。