スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地底旅行

2010年08月01日 02:00

ジュール・ヴェルヌ』著 朝比奈弘治 訳 岩波文庫 477ページ

こんにちは~、お久しぶりです。
まだ見ていただいている方が、はたしていらっしゃるのかしら(笑)。
年末から、新居を建てて、引越、結婚、新婚旅行とバタバタしていました。
先日、旅行から帰ってきて、やっとこさ落ち着きを取り戻し始めた我が家です。

旅行はトルコへ行ってきましたよ。当初はイギリスへ行く予定でした。
シェイクスピアコナン・ドイルスティーブンソンディケンズなど好きな作家が多く、
アーサー王など、伝説も私達夫婦の好きなものが揃っていたので。
アイスランドの火山の影響で中止になりましたが、結果的にはトルコで良かったです。
雄大で美しく、神秘的な国で、忘れられない一生の思い出ができました。

にしても、世の中の奥様は大変ですね。一緒に暮らして最初の三カ月は家事に忙殺されて、
結婚なんてしなけりゃよかった…と思ったこともありました。(すまん、旦那よ)
仕事との両立に慣れはじめた頃から、苦にならない本を何冊かぼちぼち読み始めました。
ブログに書くのもおっくうな日々でしたので、紹介はできませんでした。
オズの魔法使いシリーズを少しと、グレアム・ヤング「毒殺日記」や、
映画「告白」小説版ディケンズトーマス・マンなども少し。
相変わらず、ジャンルを絞らないで、ふらふらとあっちこっちに手を出しています。

その中でも、やっぱり自分の好きな作家は外せないもので、ヴェルヌも勿論読みました。
地底旅行(原題:地球の中心への旅)は随分前に児童向けを紹介しましたが、彼の児童向けの作品は、
「十五少年漂流記」くらいで、この作品も本来はある程度のページを有する一般向けです。

前にも触れたかもしれませんが、まだ教育が宗教と融合して、科学をないがしろにしていた時代、
こういった化学、地質学、鉱物学などの分野を、小説で興味深く大衆へ浸透させたヴェルヌは偉大です。

あらすじは児童向けを参照していただくとして、構成に少し触れたいと思います。
死火山から地球の中心へいき、地表に戻ってくるまでの話ですが、その死火山にいきつくまでが、長いです。
主人公のアクセル(小説の一人称である「私」本人)と、超頑固者のリーデンブロック教授、
寡黙な雇い人ハンスの人となりが、その間によく分かります。
ルーン文字の解読、旅行の用意、ドイツからアイスランドへ渡る、現地の人との交流、登山…。
これが火口に入るまでの内容ですが、この作家の特徴である「土地柄の説明」も長く、本書の3分の1が終わります。
ちょっと間延びする感じはありますが、私的にはそういうところも好きなので、OKです。

初期の作品と言う事もあり、明るく冒険的思考に溢れた若々しい作品です。
1870年の普仏戦争前なので、物語のブレイン役であるリーデンブロック教授が、
ドイツ人で頑固者という設定も、まだ「好意的」な描かれ方をしていると思います。
せっかちで、誰かを呼んで数秒もしないうちに「まだ来ないのか」と怒る様子などは、
「愛すべき性格」と感じますし、「インド王妃の遺産」でのドイツへの敵対心とは比べものになりません。

ハンスについては、ヴェルヌが持っているアイスランド人の印象を、そのまま反映したかのような人物だし、
アクセルについては(変人のリーデンブロック教授に反して)一般的な青年のため、3人のバランスがGood。
いやいや旅行に連れて行かれるアクセルが、最後には「英雄(リーデンブロック)の甥」として、
華々しく世の中に称えられる事、その後のフィアンセとの結婚…と、人間的な部分をこの作品に提供しています。

科学的な部分に関しては、地球の中心は熱いという事実に反して物語が進んで行ったり、
良く分からない発光現象によって、地下の空洞が明るかったりというのはありますが、
あくまでも空想科学小説なので、許容範囲でしょう。
地下で次々に起こる事象は幻想的、抽象的であっても、圧力計、羅針盤等であくまでも
啓蒙的に現代科学へ結び付けられ、ファンタジー小説へ落としこまないところが嬉しい。

巻末の解説が、だいたい自分の感じていた事と似通っていたのが面白かった。
彼らの冒険は途中で挫折し、火山の噴火とと共に火口から押し出されて終わります。
つまり「地球の中心へはたどり着く事が出来ない」。ヴェルヌは科学に大きな可能性があると信じている反面、
その限界や、人間が達してはいけない領域(神の領域と呼ぶべきか)も見据えていた作家なので、
たどり着けなかった事は「ああ、やっぱりな」という感じがします。
地底に潜っていくにつれ、旧世代の地層や生き物に遭遇しますが、それらを最後まで突き詰めていけば、
結果的にタブーの世界、人間が及んではいけない世界への旅となってしまうかもしれません。
まあ、作家の本意はわかりませんが。

岩波で嬉しいのは、「原著の挿絵」がすべて入っているところ。
これだけのために、岩波を選んでも損はないでしょう。翻訳も読みやすく特に問題を感じませんでした。
もちろん、ひひの中ではトップクラスの評価ができる作品でした。大満足。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

  1. 空犬 | URL | -

    お帰りなさい

    で、いいですよね(笑)。

  2. ひひ | URL | .mYluWXM

    うぉぉおおおぉぉぉ~~

    空犬さん!お久しぶりです!
    また、ぼちぼちやって行きますので、よろしくお願いします!!

    すっかり皆様には忘れられていると思っていたので、とても嬉しいですぅ~~

  3. 夢念 | URL | -

    お久しぶりです

    ご結婚おめでとうございます
    トルコ楽しそうですね
    私は相変わらずイギリスの本をポツポツ読んでいます

  4. ひひ | URL | .mYluWXM

    お久しぶりですっ!!

    夢念さん、相変わらずの鋭い記事読ませてもらっています(笑)。
    トルコ超良かったです!今までの海外旅行で一番、
    もう一度行きたいと思える国でした~!!
    またどうぞよろしくお願いします♪

  5. ヱにし | URL | SFo5/nok

    はじめまして。
    ヱにしと申します。

    ふと、ジュール・ヴェルヌが読みたくなりインターネットでおすすめの本を探していたところ、このサイトを見つけました。

    記事はもう随分前のものでしたが、とてもいい参考になりました。

    ありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/380-4744c934
この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。