スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点子ちゃんとアントン

2009年12月26日 00:54

エーリヒ・ケストナー』著 池田香代子 訳 岩波少年文庫 204ページ

ケストナー三連発。
電車の中で読むと、児童文学の表紙丸出しなので、ちょっと恥ずかしい。
「エーミールと探偵たち」「エーミールと三人のふたご」の二作の間に書かれたもの。

<あらすじ>
お金持ちで、想像力が豊かすぎる元気な女の子、点子ちゃん。
(本名はルイーゼ。生まれて一年、全然大きくならなかったので、点子ちゃんというあだ名がついた)
お父さんはステッキ会社の社長で、お母さんは自由気ままに贅沢暮らしをしている。

点子ちゃんには、アントンという男の子の友達がいた。
アントンのお母さんは病気でベッドから出る事が出来ない。
アントンは料理や家事をして、夜中にこっそりお金も稼いでいる。

夜中にどうやってお金を稼ぐかと言うと、靴ひもを街頭で売る仕事だ。
点子ちゃんも、夜中に養育係のアンダハトさんと街中へ出かけて、
アンダハトさんの彼氏にあげるため、マッチ売りの少女のお芝居をしてお金を稼いでいる。

ところが、点子ちゃんが物乞いでお金を稼いでいるところをお父さんに見つかってしまう。
同時に、アンダハトさんの彼氏が、点子ちゃんの家に強盗に押し入ろうとしている事実も
発覚して、最後には善良な人が救われて、悪い人はそれなりの罰を受ける結末に終わる。
--------------------------------------------------------------------------------------
点子ちゃんのおちゃめぶりが、キュート。
ケストナーはどうしてこうも、キャラ作りが上手なんでしょうね。
壁に向かって、マッチ売りの少女の練習をする女の子…という設定は面白い。

この物語は、16の章からなっていますが、それぞれの終わりに「立ち止まって考えたこと」という、
ケストナーの人物や人生に対する考察が、子供に語りかけるように書かれてあり、それが特に面白い。
「義務について」、「誇りについて」、「空想について」、「勇気について」…という具合。
ケストナーがナチスに圧力をかけられていた…というのは前に少し触れましたが、
平和に何が必要なのか、ケストナーはやんわりとこの「立ち止まって考えたこと」で伝えています。

この物語は、結局は悪人が裁かれて、善人は幸せになるという結末を迎えますが、
彼の時代では、現実は必ずしもそうではない。将来、公正な世界が実現するために、
「みんなは、ぼくたちおとなのほとんどよりも、きちんとした人になってほしい。
 正直な人になってほしい。わけへだてのない人になってほしい。かしこい人になってほしい」
と、最後の考察、「ハッピーエンドについて」で述べています。

こんな明るい話が、ナチス政権下で描かれていたのかと思うと、すごいなあと思う。
エーミールのシリーズにしてもそうだし、彼の描く作品には、「正しい子供」が、
将来を担ってほしいという気持ちが込められているのだなあと感じます。

参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

  1. さっちゃん | URL | -

    はじめまして。

    「点子ちゃんとアントン」って題名だけは知っていたのですが
    中国のお話かと思っていましたv-12
    しかもケストナーの本だったのですね。
    こんど読んでみたいと思いますv-410

  2. ひひ | URL | -

    今更ながらコメントありがとうございます

    はわわ…もうかなり前にコメント頂いていたんですね、すいません!

    サイト拝見させていただきました。
    色々なノウハウ、勉強させて頂きます。

    確かに言われてみると、点子ちゃんもアントンも、
    中国にありそうな名前ですよねw
    ケストナーは私も飛ぶ教室しか知りませんでしたが、
    他の作品も引けを取らず面白いので、ぜひぜひ読んでみてください~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/379-e54d7a94
この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。