スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤毛のアンの世界 作者モンゴメリの生きた日々

2009年12月17日 00:52

『M・ギレン』著 中村妙子 訳 新潮文庫 205ページ

あと半月で、今年も終わるだとぉ…。
若い頃は一日が短くて一年が長い、年をとると一日が長くて一年が早い…。はぁ。

気を取り直して、モンゴメリ
「赤毛のアン」作者の一生と、彼女を取り巻いた社会、
そして風景などを写真を多数掲載して紹介する本。
材料は作者の日記や手紙をもとにしたものが多く紹介されています。

あんな作品を描く人だから、幸せいっぱいの人だと思っていたんですが、
母親の病死、父親の再婚、継母との不調和と、小さい頃から苦労ををしていたようです。

結婚後も、夫と心の底から分かりあえるという事は無かったようで、
夫が牧師なのに対して、モンゴメリ自身はキリスト教に独自の解釈を持っていました。
宗教は信じるが、基本はドライ。しかし、世間体もあるので、
それら素直な気持ちはペンフレンドにしか明かしていません。

ここらへんのモンゴメリの価値観と言うのは、非常に独立しています。
「私が自分をクリスチャンと呼ぶのは、キリストの教えを信じ、
 それに従って生きようと、自分なりの努力をしているからです」
アンも作品の中で、純粋に宗教に疑問を持ったりする場面がありますが、
そこらへん、作者に似ているのかな?と思ったりもしていました。
が、意外な事にモンゴメリ自身は「アンシリーズ」には、二冊目から飽き飽きしていたらしいです。

「赤毛のアン」が成功し、出版社から続編を求められていた作者は、
その後に「アンの青春」「アンの愛情」…と言われるままに作品を書く。
しかし、「どうして読者は、嫌気がささないのか不思議だわ」という発言をするくらい、
作者自身はアンにうんざりしていたようで、「あのにくらしいアン」とまで言っています。
アンのずばぬけた想像力や、自然を愛する姿なんて言うのは、
この本を読む限り、モンゴメリ自身とかなり類似しているので、
自分をモデルに描いた作品…というのは誰でも感じるところだと思うのですが。
印象が違うミュージカルの出来栄えや、この作品で有名になった事で
引き起こされる苦労、読者の捉え方の違い…色々原因はあるのかもしれません。

そう考えると、モンゴメリは色々な「仮面」をつけなければ生きていけなかった人ですね。
「こんなの、私の作品じゃないわ」と感じながらも、人気作家としてアンを書き続け、
牧師の妻として、慣習に従った宗教を人に説き…。そして子育て…。
空想の世界と、現実世界のはざまを、行き来して過ごす苦労人という印象を受けます。

かなり沢山の写真は収められており、なかなか楽しめました。
モンゴメリ自身や、彼女を取り巻く人々、それら以外にも、
アンの舞台、グリーンゲイブルズの生活がビジュアルで体験できます。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/375-86bd1526
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。