スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハツカネズミと人間

2009年10月27日 01:08

スタインベック』著 大浦 暁生 訳 新潮文庫 156ページ

文句のつけようがない名作を、久々に読んだ気がします。
前回の「赤い小馬」と同時購入しましたが、こちらの方が読みやすく入りとしてはお薦め。

<あらすじ>
大恐慌時代のアメリカ。多くの労働者たちは、日々長時間働き、
もらったお金は博打や、酒に使っては、また働くという事を繰り返していた。

ソルダードの農場へ労働者としてやってきた、レニーとジョージ。二人は対照的だった。
頭が悪くてすぐに物忘れをするが、心は優しく力持ちのレニー。
頭の回転が速く、いつもレニーの面倒を見ている小男のジョージ。

農場には黒人のクルックス、老人のキャンディなど、孤独な者ばかり。
その中で、二人はいつか力を合わせ自分たちの土地を買い、ささやかながら生活をする事を夢見ていた。
いつか自分の牧場でウサギを飼う事をレニーは夢み、その情景をジョージはいつも語って聞かせるのだった。
そんな二人の愚かしくも純粋な夢に、黒人と老人も、しだいに感化されていく。

しかし、レニーは農場の息子の妻を、悪気はないが手に掛けて殺してしまう。
ジョージはレニーがリンチを受けることを防ぐため、苦渋の決断をするのだった。
-----------------------------------------------------------------------------
中編小説の分類になるのでしょうけれど、非常に上手くまとめられています。
感想としては…後味が悪い結末ですが、温かさが残る作品。

労働の最下層にスポットライトを当て、その孤独な渡り者が多い中で、
二人の固い友情を詩的に描き、そして最後には現実を突き付ける。
単に「悲劇として落とす」のではなく、最後まで美しい友情を保つ所が一線を引く。
それは、登場人物の一人、黒人のクルックスと、二人の交わすセリフが対照的な事に表れる。

「黒人だから、飯場へ行ってトランプ遊びもさせてもらえねえとしてみろ。
 どんな気がすると思う?ここに閉じこもって、本を読んでなきゃならねえとしたら?(中略)
 人間には仲間が必要だ―そばにいる仲間が」(クルックスのセリフ 101ページ)

「だって、おれにはおめえがついてるし―」
「おらにはおめえがついている。おらたちゃ、そうさ、たがいに話し合い世話をし合う友達どうしなのさ」
(ジョージとレニーのセリフ 144ページ)

たとえ、ささやかな夢は叶わなかったにしろ、弱者へ共感溢れる優しいスタインベックの人柄が伺えます。
大浦さんの訳も、非常に読みやすくてイイです。
これだけ良い作品なら、当然他のものにも期待がかかるところですが、
スランプのような時期もあったらしく、結構作品には生みの苦しみを伴う作家だったのでしょうか。

ストーリーのまとまりから映画化しやすかったのでしょうか。
ゲイリー・シニーズジョン・マルコビッチ主演で「二十日鼠と人間」というタイトルで映画も出てます。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

  1. 夢念 | URL | -

    ハツカネズミと人間いいですね

    タイトルからして面白そうだし、非常に綺麗にまとまっている名作だと思います。
    アルジャーノンに花束をとかに話は似ているけれど、ハツカネズミのほうがずっと出来が良いと思う。

    恐慌の今こそ、スタインベックやヘミングウェイ等大恐慌のアメリカ人作家は面白く読めるような気がする。
    スタインベックの怒りの葡萄もおもしろいのだけれど、長編よりも中・短編のほうがヘミングウェイもスタインベックも出来が良いように思います。
    それでは。

  2. ひひ | URL | .mYluWXM

    夢念さんはじめまして。

    コメントありがとうございます。

    私も、冒頭に書いたとおり、この作品には文句のつけようがなかったです。
    予期せずこういう名作に出会えた時の嬉しさはまた格別でした。
    と、いうのもスタインベックはこういう作風とは違う人なんだと思ってたので。
    怒りの葡萄は未読なので、大きなことは言えませんが。

  3. ETCマンツーマン英会話 | URL | hfCY9RgE

    スタインベック

    「ハツカネズミと人間」を読み、DVDで映画も観ました。現在オーディオブックを聞きながら、原作を楽しんでいます。スタインベックには「スランプのような時期」があったのですね。作品には勿論ですが、作者自体にもとても興味をもちました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/360-77ee1c4e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。