スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オズのオズマ姫

2009年10月20日 23:02

ライマン・フランク・ボーム』著 佐藤 高子 訳 ハヤカワ文庫 232ページ

「オズの魔法使い」は、全部で40作もあるシリーズ。
本作は3作目で、2作目では登場しなかったドロシーが主役として戻ってきました。

前作の「オズの虹の国」で、正当な王位継承者オズマ姫がめでたく
オズの国を支配することになりました。今回の舞台はオズの西に広がる、
「死の砂漠」を越えた「エヴの国」。

<あらすじ>
ドロシーは乗っていた船が難破し、漂流した先がこのエヴの国でした。
旅のお供は、おとぎの国に入ってから言葉を話せるようになったメンドリのビリーナ。

ドロシーが訪れたとき、エヴの国は誰も治めていませんでした。
というのも、ノームの王様が女王と10人の子供たちを、自分の宮殿の飾り物に変えていたからです。
そこで、前作のオズマ姫と、かかし、ブリキの木こり、臆病ライオンなどおなじみメンバーと、
今作から登場のロボットのチクタクなどを加え、女王たちを救出に行くのでした。
-----------------------------------------------------------------------------
1作目の面々がまた出てくれるのは嬉しいですね~。ライオンの出番が少なかったような気もしますが。
前回の紹介で「皮肉を利かせる要素が多い」と紹介したんですが、今回はそうでもなかったかな。
どちらかといえば、純粋におとぎの国を冒険する、わくわく感にあふれた場面が多かったです。
ちなみに、2作目で美少女軍団を率いてオズの国を占拠した、ジンジャーも出てきますが、
今では奥さんになってダンナを尻に敷き、それなりに幸せそうです(笑)。

ノーム王から、どの飾り物がエヴの人々か当てられるか…という賭けを持ちかけられるんですが、
間違ってしまうと飾り物の一つになってしまう…という恐ろしい条件付き(笑)。
おとぎの国ならではの、子供が好きそうだなあ~と思える内容満載です。

ところで、巻末にオズシリーズの人気投票結果が載っていたんですが、293名の集計結果で
1位・「オズの魔法使い」、2位・「オズのオズマ姫」、3位・「オズの虹の国」だそうです。
こう見ると、ファンダジー色が強い順番に並んでいるように感じますね。
オズは哲学的なところも多いにあると思うので、そういう視点で斜めから
作品を読んだら、皮肉のスパイスが効きすぎの「オズの虹の国」が一番です(笑)。

さて、日本で翻訳されているのは40作品のうちハヤカワ文庫は14作です。
原作の発表順に翻訳がされていないのか、次は6作目の「オズのエメラルドの都」です。
4作目の「オズと不思議な地下の国」も翻訳されてますので、いずれはそちらも読んでみるつもりです。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/358-79547038
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。