スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失楽園(下)

2009年09月30日 01:25

ミルトン』著 平井 正穂 訳 岩波文庫 431ページ

ついにサタンの誘惑に負け、禁断の実を食べてしまうイヴ。
前半とは打って変わって、サタンの出番はガックリ減ってしまいます。
天国とか、天使サイドの話は、サタンよりお堅いので、ちょっと残念(笑)。
下巻では、7~12巻(1674年出版された第二版は1~12巻だった)の内容です。

<七巻>
ラファエルとの会話が続いているアダム。どのようにして地球が創られたのかを問いかけ、
あの有名な旧約聖書の冒頭部分「光りあれ!」から始まる、天地創造の6日間が語られる。

<八巻>
今度はアダムがラファエルに自分が生まれてからのことを語る。
この人、どうしても天使に帰ってほしくないようで、何かと話題を考え出す。
神様に「自分はアナタのように完璧じゃないから、伴侶を下さい!」とお願いして、
神様ももちろん承知済みで、肋骨からイヴを創ったことなどが語られる。
ひとしきり話が終わると、ラファエルは念押しでサタンに警戒するよう伝えて帰っていく。

<九巻>
一方サタンは…虎視眈々と人間を陥れる機会を狙っている。
イヴはアダムに仕事を分担して、別々に働くすることを提案する。
アダムはサタンを警戒する余り反対するも、「私は騙されません!」と自信アリのイブ。
その説得に負けて二人は分かれて仕事をしたのが運のつき…。
サタンは蛇に乗り移ってイヴを誘惑する。イヴは人間の言葉を話す蛇に驚くが…。
「蛇の私が、禁断の実を食べて、人間の言葉を話せるようになったんだから、
 人間のあなたがこの実を食べたら、どんな素晴らしいことになるか。きっと神になれますよ」
こんな風に騙して食べさせてしまう。愕然となるアダム。しかし、死なばもろとも…と自分も実を口にする。
たちまち羞恥が彼らを襲い、イチジクの葉で恥部を隠すことに。こうなったのもお前のせいだ!
いや、アンタのせいでもあるのよ!と二人は罪をなすりつけ合う。

<十巻>
天使たちは、二人が禁断の実を食べたことを知り、天国へ向かう。
「自分たちは見張りをして、やることやってました」と神様へ報告。神様も「うん、そーだね」と納得。
神様の御子(キリスト)は、二人のもとへ行き、「食べたね?」と糾弾。言い訳もできない二人。
罰として、妊娠の苦しみやら、寿命やら、額に汗して働くことになる。蛇にも罰が与えられ、
今のような地を這う姿に変えられてしまう。地獄からは「罪」と「死」が地上にやってきて、世界は急速に変わる。
アダムはイヴに「この蛇め!どっかいけ!」(酷い!)と罵るが、従順なイヴを許し、神様へ一緒に祈りをささげる。
他方サタンは、嬉々として地獄へ凱旋し、万魔殿で「俺はやったぞー!」と演説するが、
なんと仲間の堕天使や悪魔たちは、みんな神様の呪いで蛇に変えられてしまう。そしてサタンまでも…。

<十一巻>
二人が悔い改めて祈りをささげているのを見て、キリストは神様に「ほら、あんなに反省してますよ」と言う。
神様も少し納得したようで、「うん。でも楽園は追放するよ、ミカエル、行っておいで」と命令する。
ミカエルは地上に降り、二人に楽園追放になる事を説明。絶望する二人に憐み、これから未来に起こる、
様々な歴史をアダムに見せることにする。(イヴは眠らされる)。
内容は旧約聖書のカインアベルの兄弟殺しから、ノアの方舟までが幻で展開される。

<十二巻>
引き続き、旧約聖書の内容。アブラハムモーセなどが語られる。
戦争、殺戮、飢餓、疫病、淫蕩など、ありとあらゆる悪が世の中にはびこる事が、
すべて自分が禁断の実を食べた原罪によるものだと知り、悲しみにくれるアダム。
しかし、ミカエルは最後にはキリストがイヴの子孫から生まれ、贖罪をすることを伝えると、
アダムは喜び勇んで「新たな地で、正しい行いをして生きていきます!」と宣言する。
目覚めたイヴも「アナタについて行きます!」とアダムに言い、二人は名残惜しそうに楽園を後にする…。
-----------------------------------------------------------------------------
サタン氏、蛇に変えられてからお見受けしませんが…(笑)。
最初はイヴの姿を見ただけで、「なんて美しいんだ!」と一瞬復讐すら忘れるサタン。
でも、結局は「人間も自分たちの境遇と同じ目にあわせるゾ!」という気持ちを思い出し、
禁断の実を食べさせる…何とも中途半端な彼が好きだったんですがね~。

罪のなすりつけ合いをする二人のシーンが、やはり印象的でした。
確かにイヴは罪を犯したけれど、本当に悪を知らずにいた方が良かったのか?
自分が王様だと思っている狂人は「幸せ」だろうが、幸せには見えない。
無垢に描かれるアダムとイヴの世界より、奈落の底のサタン達の愚かさが健気に見えてしょうがない。

ミルトンが生きたのはシェイクスピアと同年代のイギリス、ロンドン。
清教徒革命に翻弄され、その間に作品の方向性も変わっていったらしいですが、
一筋縄にキリスト教といっても、政治や宗派が絡み合っていた時代。
深く理解するには、まだまだ時間がかかりそうです。ちなみに、失楽園は失明したミルトンが口述した作品。
他の作品として、キリストが地上に生まれてから以降の「復楽園」(楽園の回復とも)、
「闘士サムソン」「言論・出版の自由」などがあります。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/351-49b98881
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。