スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天使」と「悪魔」がよくわかる本

2009年09月24日 23:45

『吉永進一』監修 『造事務所』編著 PHP文庫 317ページ

前回の「世界の神々がよくわかる本」に続いて、今度は「天使と悪魔がよくわかる本」
内容が重複しているところもありますが、僅かなので続けて読んでも大丈夫です。

東洋と西洋で、それぞれ分類して天使と悪魔を紹介しています。
簡単に「天使」と「悪魔」、「東洋」と「西洋」といっても、住み分けは難しい。
そこのところ、どうするのかなぁと思いましたが、結論的には無理やり分けた感があります。
もともとはある民族の神として祭られていたものが、キリスト教が普及したために、
「悪魔」とみなされてしまった…とか。世界中に色々な解釈があるので仕方ないでしょうが…。

代表的な例をあげてみると…
「天使」… ミカエル、ガブリエル、ラファエル、ウリエル、メタトロン、ラジエル 等 (西洋)
       梵天、帝釈天、毘沙門天、阿修羅王、弁財天、哪吒、アプサラス 等 (東洋)

「悪魔」… ルシファー、バール、ベルゼブブ、アスモデウス、リリス 等 (西洋)
       アーリマン、カーリー、イブリース、ラーヴァナ、ティアマト 等 (東洋)

まあ、何とも多種多様な顔ぶれ。ああ、この悪魔はゾロアスター教発祥だったんだ…とか、
意外な発見などもあって、この値段、この容量であれば、満足できる内容かなと思います。
しかし、やっぱり悪魔の方が読んでて楽しいもんですね。天使はお堅いわ~(笑)。

巻末の方には、「聖人」と「魔導師」というのもオマケでついていて、
玄奘三蔵や、ファウストなどの「天使とかかわった人」「悪魔とかかわった人」が紹介されています。

有名な天使や、悪魔はどうしてもエピソードが多いため、
そのすべてを紹介しつくすのは文庫の容量から、当然無理というもの。
知っている人からすれば、「そんなこと当たり前!」という事ばかり出てきて、
物足りない…という内容です。浅く、広く、まさにそんな感じです。

ここの造事務所さんが出してるシリーズは、あくまで「入門書」としてみるべきですね。
イラストもイメージが湧きやすいように…という感じがします(今回も仙田聡さんです)。
ただ、前にも触れたように、コラムは面白い!
『魔法円の描きかた』とか、『「ソロモン王の鍵」にみる惑星天使』など、
ちょっとした豆知識(?)みたいなサービスが嬉しい。
監修の吉永進一さんの趣味が入ってるんでしょうか…。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/348-a5b3a9d8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。