スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファウスト 第二部

2009年09月07日 23:54

『ゲーテ』著 池内 紀 訳 集英社文庫ヘリテージシリーズ 493ページ

第一部から相当レベルが変わって、展開される第二部。
やっぱり、というかさすがゲーテ。難しいっ!
59歳に第一部が刊行、第二部に本格的に取り組んだのが76歳。
第二部の完成が死の直前だったことを考えたら、まさに人生をかけて描いた作品ですね。

<第二部あらすじ>
愛するグレートヒェンが死んだあと、「気持ちのいい高み」で目を覚まし、自責の念から立ち直るファウスト。
第一部では「愛」について経験したが、「時よとどまれ」とメフィストに言わしめることはできなかった。
第二部では皇帝が財政難に悩み、メフィストとファウストによる、新しい資金調達の手法が取り入れられる。
さらに皇帝はファウストに絶世の美女ヘレナ(トロイア戦争のきっかけとなったスパルタの王妃)を所望する。
この世に召喚したヘレナに心を奪われた(またか!)ファウスト、二人の間にできた子供オイフォリオン。
時間と場面は目まぐるしく入れ替わり、神話の神々、妖怪のオンパレード。

ここらへんが、原文とかで読むと「何が何だか分からない」罠に陥る難しい場面なんだとか。
火と水の原理、命を求める人造人間ホムンクルスなど、ゲーテさんの次元が違う思考が伺えます。

最後には、海辺の干拓事業に携わるファウストが、自分の墓穴を掘る音を
干拓作業の音だと勘違いし、感動して「時よ、どとまれ」と言ってしまう。
メフィストは約束通り魂をいただこうとするが、天使と「かってグレートヒェンと呼ばれた女」によって、
ファウストの魂は救われるのだった。
-----------------------------------------------------------------------------
翻訳者の池内氏曰く、
「ある程度の才気と、そして熟達した詩の技巧があれば、第一部は誰にでも書ける。
 しかし、第二部はひとりゲーテにしか書けなかった」
「第一部が「人間つまり小宇宙」の悲劇とすると、第二部は「世界つまり大宇宙」をめぐるドラマである」
と、これぐらい違うんだとか。

一般人には、第一部は「流れがあって読みやすい」、第二部は「場面があちこち入れ替わってややこしい」
という簡単な認識しかないけれど。池内訳はかなり簡単に書いてくれてるので、流れがつかみやすい。
では、具体的にどう高度なのか、そこのところを突っ込まれると、これが非常に難しい。
技巧もそうなんだろうけど、日本語でどこまで分かるものなのか…。
だた、愛する者のため…という個人的なスケールから、国家の財務局長などを経験した
ゲーテが考える金銭、権力、名誉などに対する哲学の重さは随分と変化してる。

ギリシア神話もふんだんに用いられていて、個人的に好きなのは「イカロスの墜落」を模した、
ファウストの子供、オイフォリオンが死ぬ場面。ブリューゲルの絵を思い出しますね~。
リンク先は「サルヴァスタイル美術館」様より勝手に拝借させて頂きました。かなりステキサイト様ですッ!

なんだか、訳の分からない紹介になってしまった。いつもながら反省…。
でも、ゲーテ!うわ、重そう!なんてことは全然ないですよ。
本人も気さくな人だったし(←何様)!こんな私でも楽しんで読みましたから。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/343-46b91e97
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。