スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失われたムー大陸 第一文書

2009年08月31日 23:37

『ジェームス・チャーチワード』著 小泉 源太郎 訳 ボーダーランド文庫 315ページ

ムー大陸とは…英国の退役陸軍大佐、ジェームス・チャーチワードの提唱した、
かつて高度文明を有していたとする、太平洋上に浮かぶ大陸のこと。

太平洋上に点在する島々、そこに残された謎の遺跡群。
それらの位置を基にすると、かつて海には大きな大陸が浮かんでいた事が分かる。
栄華を極めた大帝国は、地下のガスベルト爆発によって一夜にして海の藻屑と消えた…。

フィクションとしては、かなり楽しい話題ではあるけれど、
当時の科学者相手には一笑に終わる、途方もない提唱だったろうなぁ…。
この作品は記念すべきチャーチワードの一連の著作、第一作目。
日本語訳では、計5冊が4冊へ圧縮され「失われたムー大陸」
「ムー大陸の子孫たち」「ムー帝国の表象(シンボル)」「ムー大陸の沈没」が発売されている。

何を根拠にチャーチワードはムー大陸の実在を主張したのか。
それは、彼がインドの古い寺院を訪ねた時に見せてもらった秘蔵の石板に由来するのだという。
そして彼は「ナーカル碑文」と呼ばれる不思議な粘土板を解読した結果、かつてこの世には、
6万4千の人口とともに滅んだ大帝国があったという結論に達するのだった。

「ナーカル碑文」を前提として世界各国の碑文を読むと、いたるところに「ムー」の痕跡は見られる。
また、遺跡や紋章などに用いられているシンボルは、世界で何と共通性があることか。
作者の解釈によって各国のシンボル読み説かれ、共通点を拾い、「ムー」の実在性を説く。

…が。やはり無理が過ぎる内容。科学者だけでなく、素人が読んでも明らかに捏造が過ぎる。
そもそもチャーチワードという人物自体も謎に満ちている。英国陸軍に在籍した形跡はなく、
アメリカの作家だと言われている。そして肝心の「ナーカル碑文」も実物はおろか、写真すらない。
秘蔵の石板ということで、「インドの寺院の希望により」公開できないらしいが、はたして…。

物語ではなく、あくまでも提唱なので、説明調の文章が続く。解読に関しても、
“「3」はムーを表す数字。だから、この三つの羽模様は「ムー」を表している”
と、どれも無理のある解釈ばかりで、途中でうんざりする感じ。
しまいには、飛行機や、それを落とすための高射砲まであったとまで…。

発売当初には、かなり人気を博した本だったようだが、
信じた上で…という訳ではなく、ロマンがあったから人気が出たのでは?
たしかに面白い考え方も出てくることは出てくる。

「旧石器時代と、新石器時代で、道具の作りが向上しているからと言って
 必ずしも時代が旧→新へ変わっていったとは言い切れない。
 その間に大陸の沈没があれば、文明に慣れた人間は逆に退化することもありうる」
こういった考え方は、科学で「ありえない」と証明されたとしても、読み物としては十分面白い。
現代のアニメや映画に、「ムー」の名前がいたるところで見られるのは、彼が残した功績を証明している。

ただ、結論として「ムー」は実在しなかったのは事実。
それほど大きな大陸が沈没したというのであれば、世界の水かさが増え、
実質的にほとんどの大陸は水没してしまうから…なんだとか。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/342-70cc99c6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。