スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンナ・カレーニナ(上)

2009年08月24日 00:30

『トルストイ』著 木村 浩 訳 新潮文庫 484ページ

<あらすじ>
俗物官僚のカレーニンを夫に持つアンナが、
青年士官のヴロンスキーと不倫の恋に落ちる物語。

モスクワへ兄夫婦の喧嘩の仲裁へ行ったアンナ。
ヴロンスキーはモスクワ駅でアンナに出会い、恋に落ちる。
最初こそ意にもかけないアンナだったが、今迄に見ようとしなかった
「愛のない夫婦生活」に気がつき始める。その事実に恐ろしくなった彼女は、
逃げるようにしてペテルブルグへ帰るのだった。

しかし、その帰りの列車の中、彼女を追ってきたヴロンスキーに再会した時、
純粋に彼女は喜び、これまでの人生の偽りの愛を悟ったのだった。

ヴロンスキーと結婚する予定だったキチイは、実質的に捨てられる。
その直前にキチイにプロポーズしたリョービョンは、失意のうちに田舎へ帰ってしまっていた。
その後、この二人の方でも進展を見せることになるのだが…。
一巻はアンナが夫のカレーニンに、ヴロンスキーを愛していることを打ち明け、
また、同時に懐妊していることが分かるところで終わる。

トルストイでも、「戦争と平和」よりかは、はるかに読みやすい。
アウトローなドストエフスキーと違い(笑)、社会事業などに熱心だった人だけに、
農村経営や政治についても言及している部分が多い。
その割には物語要素が強いので、何も考えずとも読めるのが嬉しい。

モスクワから帰ってきたアンナが、俗な社交場を好むようになったり、
愛する息子にすら「幻滅を感じる」ようになったりするのは、
それまで満足していたこと以上のものを知ったからだろう。
さらに良いものを知ったがために、過去のものの欠点を探し出すという人の性が印象的。

前に読んだ「クロイツェル・ソナタ」で、トルストイは
基本的に「女は夫に従え!」的な発言をしているので、
先行きがどうにも気になるところ。家庭でも暴君だったらしいし…。

映画やバレエ作品としても多い。日本では栗原小巻さんの舞台公演が大変好評だったとか。
一女性の悲劇が、題材として取り上げやすいのはいつもセオリーですね。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/337-c527a013
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。