スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な少年

2009年08月14日 01:38

『マーク・トウェイン』著 中野 好夫 訳 岩波文庫 251ページ

「トム・ソーヤーの冒険」「ハックルベリーフィンの冒険」から
少し雰囲気が変わって、内容もペシミズムに満ちたものになっています。
それぞれのあらすじ、感想はリンク先へ。

ペシミズムとは、物事を悲観的に捉える思想のこと。
要するに、「こんな世の中やってらんねー!」ということですよね。
…何度も覚えようとしても、横文字はなかなか覚えれません(笑)。

16世紀、オーストリアのある村に「サタン」と名乗る美少年がやってくる。
サタンは不思議な奇跡を起こすことができた。望むことは何でもかなえる力があり、
人が考えることはすべて分かってしまう。…なぜなら、彼は「天使」だったからだ。

村の3人の少年たちは、彼の力と不思議な魅力に魅せられる。
しかし、「天使」と「人間」では明らかに違いすぎた。
天使にとって人間は、象が蟻を気にしないのと同じような感覚であり、
死のうが生きようが、取るに足りないものなのだ。

サタンが引き起こす不思議な出来事は、楽しいことばかりではなかった。
「善と悪」の感覚がないため、人を殺すことも平気でやってのけるのだ。
しかし、そこに悪意はない。動物が楽しんで他の生き物を殺すことをしないように。
人間は「善と悪」を区別する「良心」があるからこそ、もっとも下劣な下等動物なのだ…!
サタンはそうして、人々の運命を変えていくのだった。

非常に奥が深い。「不思議な少年」はマーク・トウェイン晩年の作品ですが、
「突き詰めて考えると人間は一番下等…」という結論に至った作者が、
必死にそうでないと思いたがってる気持ちの揺れが感じられます。
そういえば、ハック・フィンの作品でも奴隷制度を通して人間の在り方を考えていたようですしね。

「不思議な少年」は、マーク・トウェインの死後、編集されて出版されたものですが、
草稿では、もともとキリスト教や権力社会に対して、もっとキツい批判をしていたようです。
現代のように表現が自由であれば、もっと辛辣な作品を残していたかもしれない作家ですね。
トムやハックの冒険譚で、大衆向けのイメージが強い作家になってますが、本来は違うのでしょう。

以前紹介した「ロミオとジュリエット」「黒猫・モルグ街の殺人事件」でもお馴染みの中野訳。
中野さんのはどれもかなり読みやすく、かつ表現も質が落ちないのでGood。
この苦悩に溢れた作品の訳者としてピッタリでしょう!(笑)

ちなみにウィキで知りましたが、マーク・トウェインと「あしながおじさん」
ウェブスターって、親戚同士だったんですねえ。プチトリビアでした。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/334-822a9f5b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。