スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドグラ・マグラ 下

2009年07月31日 21:13

『夢野久作』著 角川文庫 382ページ

「これを書くために生きてきた」
10年あまりの推敲を重ねて完成されてた本作。
これを読まずしては夢野久作を語れないであろう集大成。

今年2009年の「角川文庫 夏の100冊」にも入ってますね。
上巻を読んで、しばらく時間が空いてたので、内容忘れてました…イケナイ…。
読むなら一気に読んだ方がいいかも。話がヤヤコシイので、忘れます。
上巻参照→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-267.html

んー…正直に申しますと、宣伝文句ほどの奇書でもなかったように思います。
この作品の主眼になっている「心理遺伝」の内容は、たしかにユニークで、
「常人には考えられない」と言われれば、そうかもしれません。

一つ一つの細胞には、それぞれに記憶があり、
そして先祖から受け継がれてきているのだ。
人間が意識がないのに夢遊をしたりするのは、これが原因。
つまり、現代通説になっているようなのとは違い、脳髄はものを考えるところに非ず。

主人公を材料にした、二人の博士の化学実験、代々、男を狂人へと変えてしまう絵巻物の謎、
推理小説と云えばそうかもしれないけれど、到底そのカテゴライズで収まるものではない。
記憶喪失の主人公が、自分が誰か分かったときに、すべてが解決するものだと思っていたら、
「ん?なんだかよく分からんうちに終わってしまったぞ…」というような気持ち悪い感じ。

分かったようで、分からない。
表紙の異様さや、各方面の称賛の言葉を、まともに受けて読んだら、
違う印象を受けることになるでしょう。ただただ、異様。それにつきるのみ。
この内容で、ここまでひっぱる必要もなかったのではないかな、と。

読みにくさが最大の難点。
「晨(アシタ)に金光を鏤(チリバ)めし満目の雪、
 夕には濁水と化して河海に落滅す」
こういった参考文献的部分に関して、いやぁ骨の折れること。
さらーっとなら読めるけど、頭に入れないことには真相が分からない…難儀なことで。

根気よく、じっくりと、そして内容を忘れないように(笑)、
夢野久作ワールドに浸るのも楽じゃありません。
彼の作品を読む時、最初の一発目に「ドグラ・マグラ」はキツイです。
「人間腸詰」など、いかがでしょうか。
参考→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-253.html


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/331-e08e4fd6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。