スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクシデント 下

2009年07月24日 22:09

『ダニエル・スティール』著 天馬 龍行 訳 アカデミー出版 334ページ

意識不明の状態が続いたまま、娘のアリソンは昏々と眠り続けていた。

上巻の内容はコチラ→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-328.html
以下、内容の重要部分を含みます。

アクシデントは引き続き起っていた。
息子のアンディーはジャングルジムから落ちて腕を骨折し、
自分の母親と姉は、見舞いに来るという名目のもと、旅行をしにくる。

なかでも最悪なのが、夫の浮気が発覚したことだった。
16年という長い歳月で、彼女が夫の浮気に気がついたことは一度もなかった。
よりによって、この一番悪いタイミングで、夫婦の絆は崩壊してしまった。

次から次へ降ってくる不幸。
それでも前を見据えて生きていくペイジが健気だ。
そして人生は不幸だけではないと最後には教えてくれる。
この経験をしたからこそ、生まれるものもあるのだ。
パンドラの箱を開けてしまったとしても、最後に希望は残る。

ペイジの再出発は、このアクシデントを乗り越えて始まっていく。

…どちらかと言うと、冒険とかわくわくするストーリーが好きな私には、
この、あまりにも不幸すぎる話が正直好きとは言えません。
しかし、不思議に読み出したら止まらない。

細やかな文章も、ああ、女性らしいな…という感じ。
娘の変わり果てた姿に恐れおののく感情や、
逆に愛らしい子供の姿など、とても丁寧な描写です。

世の中、現実は厳しいけれど、決して悪いことだけじゃないよ…、
そんな諭すような、新しい一歩を踏み出す勇気をくれる作品です。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/329-b8ccad23
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。