スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巌窟王

2009年07月20日 17:58

『アレクサンドル・デュマ』著 矢野 徹 訳 講談社青い鳥文庫 353ページ

本って、少し読んだだけで、その作家が自分の好みかどうか分かりますよね。
デュマはまさにそれ。もしかして、私はフランスとロシア作家に惹かれる傾向に
あるのかしら…。皆さんそういう傾向ってありますか?

原題「モンテ=クリスト伯」。周知のように、あの長ーい作品です。
岩波文庫のシリーズを、古本で見つけたら買ってますが、
なかなか全巻揃わずに、中途半端な巻数しかありません。
いつか山内訳でも本腰入れて読んでみたいです。

無実の罪を着せられ、婚約者も奪われてしまったダンテス。
彼が囚人としてやってきたのは、悪魔島の地下牢…。
14年間の牢獄生活の中で、ダンテスは自分を裏切った人間に復讐を誓うのだった。

地下牢から脱獄したダンテスは、モンテ=クリスト島に隠された財宝を手に入れ、
「モンテ=クリスト伯爵」名乗り、さっそうとパリに現れた。
その完璧な身のこなし、優雅な態度、豊富な知識に敬慕しない者はいなかった。
こうして別人として生まれ変わったダンテスは、冷徹に復讐を遂行していく…。

勧善懲悪のスタイルは王道ですが、やはり面白いですね。
水戸黄門のTVを見てるようなスカっとする感じです。
353ページという短い中に、この作品すべてを収めるのは到底無理なこと。
基本的な話の流れだけ知りたい人には、これくらいがお勧めです。

同じ長編でも、「ダルタニャン物語」とはまた違った面白さですね。
この作品で、デュマの大ファンになってしまう人がいる…というのは頷けます。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/327-20e452ed
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。