スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰謀の日 下

2009年06月17日 23:25

『シドニィ・シェルダン』著 天馬 龍行 訳 アカデミー出版 362ページ

UFOを目撃したという人々を一人、また一人を発見していくロバート・ベラミー中佐。
そしてついに、最後の目撃者を見つけようとしていた。

上巻内容はコチラ→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-314.html
以下、内容の重要部分を含みます。

最後の目撃者はハンガリーで発見した。
ラズロ・バシフケテはカーニバルの主催者だった。
これで任務完了、こんな仕事はやめてしまおうと思っていた時、
ラズロがもう一人目撃者が現場にいたと発言する。

一通りの調査を終えたことで、彼は国家安全保障局のヒリヤード将軍へ報告を終えた。
その後、ふとした懸念から、最初にコンタクトをとった目撃者のもとを訪れるが、
すでにその人は他界したという…。いやな予感がベラミー中佐を襲う。

一人、また一人、見つけた目撃者へ電話をかけてみる。
「教授は実験中の爆発事故で亡くなりました…」
「かわいそうに彼女は、あんな若さで…」
「神父さまは睡眠中に…」

自分が探し当てた目撃者たちが全員他界している。
彼がこの件を報告したのはヒリヤード将軍ただ一人だったはずだ。
いったいこの背後に何があるというのか…!?

人探しの前半部分から、逃げる側に逆転する後半、流れは単調で少し残念。
シドニィ・シェルダンならでは!という場面が少なかったかな。
離縁した妻との思い出のシーンも、結局はそう重要でもなかった気がする。

よくあるSFのチープさだけには陥らないでほしかったけれど、結末に関しては、う~ん…(笑)。
むしろ、巻末のエイリアン報告に関するレポの方が興味深かったです。
本当にこういったUFOの事実が、大規模な隠蔽工作で隠されているのだろうか。
初めにこのレポを読んでいたら、もっとリアリティが持てたかもしれませんね。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/315-302b9e5c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。