スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンの青春

2009年05月31日 14:57

『ルーシー・モード・モンゴメリ』著 村岡 花子 訳 新潮文庫 380ページ

「赤毛のアン」から少し大人になったアンの青春時代の物語。
前作はコチラ→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-258.html

17歳になったアン。新任教師として子供たちに勉強を教える傍ら、
村を美しくするというモットーのもと、「改善委員会」を立ち上げ、
寄付を募ったり、改善計画を立てたりと忙しい毎日を送っていた。

アンは子供時代の想像力を今でも持ち合わせていて、
その大切さを知っているため、前作の「自分のための想像」から、教育を通してそれを教える立場になった。
森を散歩したり、自由に作文を書かせたり…勉強だけにこだわらないアンの方針は、子供たちの人気者になる。
反抗的な子供もいて、悩みの種は尽きないけれど、持前の前向きな性格と忍耐強さで、それも乗り越えていきます。

「青春」という内容にピッタリで、教育の他にも改善会の仕事、
それに引き取った双子の世話、そしてロマンスのお手伝い…と目まぐるしく毎日を送っていきます。
これ!といった主軸のストーリーが無いのは前回と同じで、たくさんの仕事の中でトラブルが待ち受けています。
アンは絶望的な事態に陥っても決してあきらめず、
「曲がり角をまがったさきには何が起こるか分からない」という信念を持ち続けます。

不思議なのは、色々と悩んできたことが、気がつかない間に解決していって、
読み終わる頃にはすっかり何もかも片付いていること。
アンのような生き方をすれば、まるで人生はどうとでも幸せにできるかのように。

最後にアンは友人ギルバートと一緒に大学へ行くことになります。
双子の世話や、教師の生活を捨て、新しい世界へ行くのは決心が要りますが、
自分の人生のため、彼女はさらなるステージへと旅立っていきます。

アン・ブックスは「赤毛のアン」から「アンの娘リラ」までの10作品。
まだまだ彼女の人生は道半ばです。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/311-ba94b598
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。