スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津軽

2009年05月20日 23:24

『太宰治』著 新潮文庫 212ページ

太宰治にこんなにハマるとは思わなかったなあ。
彼の人生が作品に大きく影響していることを知れば、
一つ一つがとても面白くなることは前に書きましたが、
この「津軽」こそ、太宰治の人となりが分かる作品です。
今まで読んだ中では、一番面白かったです!

太宰治の人生については前回を参照↓
http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-293.html

津軽風土記を書くために帰郷し、東海岸から西海岸、北は竜飛まで
ぐるりと巡る旅であった。途中、生まれ故郷の金木へもより、
久しぶりに兄弟、親戚と再会している。

作品を読んだ上で津軽人の印象を述べるとすれば、「不器用」の一言に尽きる。
愛情表現が下手で、苦労の割には損をするタイプ。

たとえば蟹田のSさんなんかは、その気質を大いに表していて、
友人を接待するときに、どうしていいやらわからず気だけが急いて、
あれやこれやとチンプンカンプンな振る舞いをした揚句に、
後で行いを恥じて、すいませんと謝るようなことになってしまう。
太宰治も作品の中で読者に対して気を使っているが、
Sさんの不器用さと同じようなサービス精神が伺える。

故郷にも立ち寄っているが、そこでは気を揉み、よそよそしい。
しかし、旅の最後に立ち寄った小泊では、幼いころ母のように慕っていた
女中の「たけ」に会い、心の底から安心して何でも話している。
六男坊として生まれて、劣等感の塊のような生い立ちを持つ太宰の、
飾らないありのままの姿を見て、作品は幕を閉じる。

基本的に太宰治は酒飲みで堕落している自分に、
「俺はなんてダメな奴だ」と嘆いている節がある。
親類と縁の薄い太宰にとって、すべて受け止めてくれる「たけ」との再会が、
ひとしお感動を誘い、いつのまにか読む側までもが安心してしまうのだ。
よく、後書きなんかで「読者は太宰と同化し、魅了される」と書かれているが、
ああ、これがそうなのか、とやっと実感しました。

しかし、どうして、この太宰治という人…憎めないキャラだ。
この作品で「津軽人」の気性を知れば、なぜ彼が憎めないのかとても理解できます。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/305-bb8fa5e4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。