スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポー詩集

2009年04月30日 23:50

『ポー』著 安部 保 訳 新潮文庫 110ページ

すると漆黒のこの鳥は、厳しくまた物々しい顔付で、
私の悲しい思いをまぎらして微笑へ誘えば、私はたずねた。
「たとえお前の冠毛は剥がれそがれてはいるけれど、
 きっと夜の国の磯からさまよい出た 臆病な、
 いろ青ざめてもの凄い、老いぼれた大鴉ではあるまい、
 夜の、冥府の磯でお前の立派な名前は何と呼ばれるか」

 大鴉はいらえた、「またとない。」


有名な「大鴉」の一部を抜擢。
なんとも独特の雰囲気は、この一節だけでも充分お分かりいただけるかと。
詩にはとんと疎いので、どうにも評価しにくいのですが、
こういった分野も、少しずつ理解していかねばなあと思う今日この頃。日々精進…。

ポーは気になっていた作家で、「モルグ街の殺人事件」など
小説も買ってはいるのです。私見ですが、詩を先に読むべきではなかったかもしれない。

巻頭にポーの生涯の歩みが簡単に紹介されており、
それが思いのほか詩を読み進めるにつき役に立ちました。
2歳の時に両親と死別し、養子になる。
その後、学校で学ぶが方向になり、酒と麻薬におぼれる。
結婚はしたが妻はポーを置いて死に、彼ものち謎の死を遂げる…。

ただ、彼の影響はその後の多くの詩人に影響を与えることになる。
日本でも江戸川乱歩が彼の名前に由来を置くのは有名すぎる話ですね。

ただ…うーん。正直、詩に関しては自分の想像力が追い付かない。
言葉の美しさも日本語にしてみれば、正規の楽しさが失われてしまっているでしょう。
ポーのもつ雰囲気は少なからず伝わりますし、読みやすくもありますが、
いかんせん深い内容まで簡単に理解はできません。

ポーに興味のある方、小説以外の分野に通ずるかた、
そういう人たちには楽しんでもらえるかと思います。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/299-36f4b343
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。