スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七つの怖い扉

2009年04月30日 23:26

『阿刀田高・小池真理子・鈴木光司・高橋克彦・乃南アサ・夢枕獏・宮部みゆき』著 新潮文庫 236ページ

7人の大物作家が楽しめる!
大好き阿刀田さんに、宮部さん、「リング」の鈴木さんなどなど…
他にも豪華キャストです。すばらしいっ!なんてお得なんでしょう。

「迷路」 阿刀田高
「布団部屋」 宮部みゆき
「母の死んだ家」 高橋克彦
「夕がすみ」 乃南アサ
「空に浮かぶ棺」 鈴木光司
「安義橋の鬼、人を噉らふ語」 夢枕獏
「康平の背中」 小池真利子

怖さ…というのにも質の良さがあるんだなあと実感します。
よく日本のホラーは恐怖の質が違うといわれますが、
ハデさはないけど、じわじわくる。最後に鳥肌が立つあの感じ。

消えてなくなる井戸の死体
母親の自殺した部屋で見たもの
愛した男の後ろ姿

正直、「怖っ」とその場では思わないけれど、ふと寝るときに思い出したりします。
そんで一人で薄気味悪くなってたりします。

同じ短編ホラーでも、こんなに作家によって違うもんなんだなあと思いました。
無邪気さの中に気味悪さを見せる人もいれば、言葉一つに効果をつける人もいる。
阿刀田さんは文句なしにやはり上手い。ひいき目で見てるかもしれませんが、
落とし所が全く想像できない。180度変わる内容は驚嘆につきます。

どれも短いながらも情景が思い浮かべることができる作品ばかり。
個人的に怖かったのは「康平の背中」でしょうか。
こうして手をつける作家がどんどん増えていくのですね…。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/298-b9555c9e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。