スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シッダールタ

2009年04月25日 23:57

『ヘッセ』著 高橋 健二 訳 新潮文庫 164ページ

シッダールタというのは仏陀の名前(ゴータマ・シッダールタ)。
仏陀は「悟った人」という意味で、名前ではない。

このタイトルからして、仏陀の話かと思いましたが、違ったみたいです。
これはヘッセ自身の物語である。

主人公シッダールタは、生まれ故郷を出て親友ゴーヴィンダと沙門となる。
苦行を重ね、真我へ至る道を探し続けた。
ある時、彼等はゴータマという聖人に出会う。
ゴーヴィンダは彼の弟子になり、そこへ留まる。
しかし、シッダールタにはゴータマが真我を語っているとは思えなかった。
彼は親友と別れ、遍歴を続ける。

シッダールタが行きついたのは川であった。
川の流れからすべては過去も未来もなく、ひとつの完全体であることを悟る。

インド仏教は詳しく知らない身には馴染みが薄い思想ですが、
ヘッセの作品を通して涅槃とは、解脱とは…というのが少し理解できました。
参考までに→仏教(上)第一部
         仏教(下)第二部

ヘッセは「人間の奥底の心理」を書きだすのがすごいなあと思います。
デミアンでもそうでしたが、つまるところ人間は「「自分」を一番知らない。
そういうところから始まって、見ようとすればするほどそれが見えにくくなるという事を説く。
この基本からスタートして、仏教思想へ繋がるのはとても自然な流れのように感じる。

ヘッセ自身も、この境地へすぐにたどり着いたわけではなく、
三年の禁欲の後に、作品にまですることができたのだそう。
私的には、少し難しいかな…というのが正直な印象。
詩人ヘッセの言い回しが(訳者の言い回しか?)少し合わないのもあり、
読むのに時間がかかってしまった一冊でした。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/295-9a9fa893
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。