スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片恋・ファウスト

2009年04月19日 23:00

『ツルゲーネフ』著 米川 正夫 訳 新潮文庫 174ページ

「はつ恋」以来のツルゲーネフ。
悲恋作家のイメージが強いですが、もっと重いテーマが多いロシア作家の中では、
まあ普通の重さくらいでしょうか。他がヘビーすぎるんでしょうね。

「はつ恋」→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-167.html

タイトルからして惹かれる「ファウスト」は、その名の通りゲーテの「ファウスト」を
題材にとりいれたもので、今まで読んだツルゲーネフの中ではダントツ1番面白かったです。

完成された理論のもと育ってきたヴェーラは詩や小説を読むことを
母親から固く禁じられていた。夫を持ち子供が生れ、母親が死去した後も、
その戒めを破ることなく守っていたが、ある日遠い昔に彼女に求婚したことのある「僕」に再会する。

この物語は「僕」がヴェーラに再び会い、その後の経過を語る手紙形式で進んでいく。
彼女が今まで「詩」を読んだことがないことに驚いた「僕」は、ゲーテの「ファウスト」を朗読して聞かせる。
ヴェーラはひどく戦慄を受け、次第に文学の世界へ落ちていく。

しかし、文学の世界とは、それすなわち愛欲の世界を知ることに他ならなかったのである。
「ファウスト」を読んだことのある人なら、グレートヒェンをご存じと思いますが、
悪魔メフィストの力によって若返ったファウスト博士が恋をする相手がグレートヒェンだ。
しかしその恋は、婚前交渉と嬰児殺しの罪でグレートヒェンが死罪になるという結末に終わる。

ヴェーラは「僕」を愛し始める。しかし、それは自分にもともとあった純潔な規律には相反するものだった。

…と、ここまで書いてしまうと結論が見え見えですね。申し訳ありません。
この「ファウスト」のストーリーとのからみが、すごく気に入ったので書かずにおれませんでした。
ツルゲーネフの人間考察が、ゲーテを土台にして語られる…という点が面白い。
ロシア作家の中では印象が薄いですが、自然の描写とかは結構イケてると思うのですが、なぜでしょうか…。

また「ファウスト」も読みたくなってきました…。ここ最近、昔読んだ本をまた読みたくなるという
回帰現象が自分の中で起こっています。ブログを始める前に読んでいた本も、
面白かったものがあれば、また紹介していきたいものです。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/292-48a9f60e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。