スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイディプス王

2009年03月31日 00:39

『ソポクレス』著 藤沢 令夫 訳 岩波文庫 134ページ

災厄の降りかかる古代ギリシアの国、テバイ。
作物は枯れ、家畜は死に、疫病は蔓延し、国は滅びの兆しを見せていた。

良君オイディプスは、国を救わんとしてアポロンヘ信託を乞う。
それによれば、先王ライオスを殺した賊が、未だテバイにいることがすべての元凶だという。
オイディプスが王になる前、ライオスは旅の途中で何者かの手により殺害されていたのだ。
王は賊を見つけ出し、死か追放に処するよう全土に命令を下す。
しかし、しだいに明らかになる事実は、彼にとってあまりに残酷だった…。

オイディプスといえば、ギリシア神話ではスフィンクスの謎を解いた人物として有名。
「1つの声を持ち、2つ足にしてまた4つ足にしてまた3つ足なるもの」
これなーんだ?ご存じの通り答えは「人間」。あのエピソードですね。
先王ライオスの亡きあと、スフィンクスの通せんぼに悩まされていたテバイの国民を救ったのがオイディプス。
その叡智により国王となったのだが、実はオイディプスは山奥に捨てられたライオスの実子であったのだ。
「自らの子の手により、亡き者にされる」という信託を受けたライオスは、子供が生まれるや捨てるようにと命じたのだった。

と、ここまでくればご察しの通り、オイディプスがその子供であり、
探していた犯人は、実は自分であり、さらに先王の妻、つまり実母と契りを結び、
子供までもうけてしまっていたという事実が明らかになる。

ギリシア神話を読んだ人なら、この話知ってるわ~と思われるかもしれません。
私も一度は読んだことのある物語でしたが、劇作になるとここまで美しくなるものかと感動しました。
古い劇作だからな~と油断してましたが、構成の巧さ、詩句の美しさ、合唱の入り方、
どれをとっても見事でした。私的にはシェイクスピア悲劇にも匹敵する面白さでした。

良き王として国を救う想いが強いほど、自分を破滅に導いていくというのは、
悲劇の中でもさらに悲壮感を増す。これには脱帽の一言。

もっと興味深かったのは、後書きの部分で、
「スフィンクスは人間に「己を知れ」という意味で、あの謎を問いかけていた」というくだり。
オイディプスは「人間」という答えを導き出せたが、のちに自分自身についての「素性」を
知ることになり、「己を知ること」になる。これは、あまりにも皮肉が効いている。
作中でも「俺はスフィンクスの謎を解いた男だぜ」的な発言をしており、その対比が際立つ。

そう考えると、ギリシア悲劇というのはなんて奥が深いんだろうと思う。
1つ1つのストーリーが短いので、そこまで深読みして読んだことはなかったのですが、
今考えるとたしかに教訓的な話も多かったなあと今更ながら感じます。
(アクタイオーンの話はひどすぎると思いますが…笑)

劇作の美しさが、ギリシア神話という土台に加味されたこの作品は、
ギリシア悲劇を知るという意味で、大きな役割を果たしてくれる書です。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

  1. ふじやま | URL | ncVW9ZjY

    こんばんは

    うーん、本当にひひさんのブログは、自分の本棚見ているようです…。
    読んだ本、読みたい本がいっぱいです。

    「オイディプス」は、あんなに短い戯曲なのに、多くのことが凝縮されていますね。
    美しい、含蓄深い台詞の数々…。何回読んでも飽きないです。
    確かにこれと比較すると、シェイクスピアも模倣に見えるほどです。

    私が読んだ新潮文庫版では、「アンティゴネ」も併録されていますが、こちらも面白かったです。
    続編というか後日談というものは、こうやって書くのだなと思わせます。

  2. ひひ | URL | .mYluWXM

    こんばんは!
    いや、本当に「オイディプス」にはヤラれました。
    ここまで内容の濃いものが、こんな昔にあったなんて!と感激です。

    今日、古本屋をぶらついてたら、「アンティゴネ」も収録された新潮版を見つけました。
    こっちは福田さんの訳だったんですね!

    ところで、本の趣味、そんなに似てますか??
    人の本棚ってあまり見ることがないので、とても気になります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/289-9dad4ca3
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。