スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人とユダヤ人

2009年02月28日 11:52

『イザヤ・ベンダサン』著 角川文庫 264ページ

一時期有名だった問題の本。
どう問題だったのかと云えば、この本を詭弁であるとして、
「にせユダヤ人と日本人」という著が出版されているほど。
作者のイザヤ・ベンダサン氏は、山本さんという日本人。
日本で育ったことから、日本人より日本語がうまい…などと本の中ではユダヤ人の設定だが。

日本人の民俗学なのだと思うが、偏りすぎているかなという印象。
言い方も、もう少し丸ければここまで批判は来なかったのではないかなあと。
日本人は春夏秋冬があることから、せわしなく生きている…という説明で、

「これは先祖伝来のことだから今更それを大変だと言ってもはじまらないが、
 外部から見るとつくづく大変なことで、怠け者やノロマには生きて行けない世界である。
 確かにこの世界では、「ノロイ」ということは無能ということであり、従って何としても勤勉で、
 少々せっかちにならざるを得ない。「何事もアラーのおぼしめし」などといって、
 戸口でのんびり水たばこを吹かしていれば、日本では確実にあの世に行ってしまう。
 やはり、小さなキセルにせわしげに煙草をつめ、長火鉢のふちでせっかちにカンカンとたたいているのがふさわしい。」

遊牧と農耕の民の違いがそうさせるというのが作者の主張らしい。
キリストが馬小屋で生まれたのも、日本人にしてみれば、「なんちゅうとこや…」と思うが、
遊牧民族にとっては”神聖なところ”なのだ…となる。たしかに一理はあるが…。
一片だけを見た意見に思えなくもない。

日本人には「日本教」という根柢の宗派があり、曰く
「人間らしい」とか、「人間味のある」とか、「非人間的」という言葉がそれを表している。
人情を重んずる民族であるが故、忠臣蔵は人気がある。
ソレが普通なので確かなことは言えないが、他の国の人に人情がないことはないだろう…。

まあ、宗派はともかく、キリスト・ユダヤ今日の本来の捉え方は勉強になりました。
ヨハネの黙示録に出てくる、「青ざめた馬」(Pale green)は、「みどりがかった黄色の馬」の間違いなんだとか。
たしかに四つの生き物が出てきて、「白い馬」、「赤い馬」、「黒い馬」、「青ざめた馬」というのは唐突だ(笑)。

そういう興味深い部分はありましたが、総合的には「ま、アイデンティティを見直すにはいいかもネ…」ぐらい。
民俗学を一般化したという点では、この本を読まずにはおれないでしょうけれど。
「にせユダヤ人と日本人」の方も、いずれ機会があれば手をつけてみることにします。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/278-9bacb9c4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。