スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツキを呼び込む「論語」の成功法則

2009年02月22日 21:14

『植西聰』著 成美文庫 246ページ

「己の欲せざる所は、人に施すこと勿れ」
「一を聞いて以て十を知る」
「古きを温ねて新しきを知る」

論語といえばこれらの有名な言葉。
礼に始まって礼に終わる…とかアバウトな認識でしたが、
こういった言葉も論語の中にあったんですね。知りませんでした。

イメージとしては「すっごい常識人だなこの人…」という感じ。
良い指南書の”抽象的”さもあって、応用のきく書物でした。
ビジネスには勿論、下手な相談に乗ってもらうより、落ち込んだ時に
元気づけるためにもいいと思います。

最初こそ卑屈にみてしまって、「そんなこと言われんでもわかるわ~」と
考えてしまうんですが、素直な気持ちで読んでると心に入ってくる。
これが孔子のすごいところなんだろうなあ…。
基本的に、色々学んでも「それができないから苦労してるんだよ…」
という帰結になるんですが、この中の一つでも心がければこの本の価値があったかなと。
正直言ってしまうと、この類の本は沢山あって、底本にあるのはやっぱり
孔子とか孫子とかになるんだろうなあと思います。

こういうありがたい話ですから、当時のエピソードとかがもっと多ければ
よかったかもしれません。実践的に作られてるせいか、
「こういう上司いますよね…」という例えに持っていかれることが多いので、
少し俗っぽい気がしました。肝心の「ではどうすればいいか」という思考に促されないので。

ある程度の年齢になると、こういった指南書はどうしても斜めに見てしまうので、
もっと若いころにたくさん読んどけばよかったなあと思います。
たとえそれが実践できなかろうと、人間の根本になる教えだと思うので。

それとは意を異にして、積極的に読んでほしいなあと思う人は、
ビジネスで失敗しそうになってる、または失敗して悩んでいる人。
私がまさにそれでしたが、効果絶大でしたよ(笑)。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/276-92c1571a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。