スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の園

2009年02月17日 23:55

『チェーホフ』著 湯浅 芳子 訳 岩波文庫 101ページ

またまた、ロシア。アトーダ式チェーホフを読んだ後なので、
このタイトルを見たらつい手を伸ばしてしまいました。

阿刀田高→「チェーホフを楽しむために」

戯曲スタイルなので、若干名前がややこしいですが、なんとかクリア。
最初に”四幕のコメディ”と書いてあって、おや?と思う。

外国で経済的に行き詰まったラネーフスカヤ夫人は、実家へ帰ってくる。
故郷には「桜の園」という美しい領地があったが、それすらも競売にかけられようとしている。
そんな窮地にありながら、イマイチ貧しいという実感のない夫人は、
乞食に金貨を恵んでやったり、舞踏会を催したりと、金使いが荒い。

最終的に桜の園は、別荘地をして利用するため人手に渡ってしまう。
トントンと木に斧を当てる音が聞こえて幕が下りるのが何とも寂しげ。

哀愁…チェーホフを読む時のキーワードのようになってますね。
奴隷解放後のロシア、その社会変動を描く暗い物語…に見えるけれど、
読んでみると意外に軽かったりする。ところどころに笑いが散りばめられてる。
しかもちょっと高度で、笑うというよりかは苦笑に近いところもしばしば。

ラネーフスカヤ夫人を子供のころから慕ってきたロパーヒンは、もともと奴隷の子だったが、
今では商売に成功して大金持ち。夫人に世話になった恩から、桜の園を別荘にして利子を返すことを
ひっきりなしに提案するが、夫人はいまいち反応が鈍い。現状がわかっていない。

私が思うに”コメディ”なのはこの部分。どんなに深刻な問題としてロパーヒンが訴えても、
元貴族の緊迫感のなさといったら、その温度差が哀愁を通り越してコメディになってしまう。
最初から最後まで温度差、温度差、温度差…なのである。

お得意の微妙な男女関係も相まって、深読みを誘う作品。
一つ一つの会話の掛け合いが面白いので、地味な割には場面が活きてくる。
チェーホフの作品群では、完成度が1、2番と言われるのも、もっともなできばえだと思います。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/274-0f5c08e8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。