スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河鉄道の夜

2009年02月05日 23:43

『宮沢賢治』著 角川文庫 281ページ

宮沢賢治の作品は、こんなに未完のが多いのだなあと驚きました。
というか、「銀河鉄道の夜」が未完だということを知らなかった…。

収録作品は以下の11作で、すべて未完成のもの。
・おきなぐさ            ・めくらぶどうと虹
・双子の星             ・貝の火
・よだかの星(ぶとしぎ)     ・四又の百合
・雁の童子            ・ひかりの素足
・虹の絵具皿(十力の金剛石) ・黄色のトマト
・銀河鉄道の夜

なんか今回は星の話が多かった気がします。
中学校か高校の時に、教科書に「よだかの星」が載っていましたが、
その当時は内容がよくわかりませんでした。
今読むとすごくいい作品だなあと思います。
生き物が生まれること、死ぬことの意味を考えさせられます。

基本的に宮沢賢治の作品では、心の美しいものが星になるというのが
ビヘイビアなのかなと思います。ただ美しいというのではなくて、
悩んだり、悲しんだり、後悔したりという心の葛藤をいうんですが。
テーマは重いし、作風は絵本的だから余計に胸が締め付けられるような気持ちになるというか…。

逆にはっきりと「~は~である!」と示唆される作風でこの味は出せないでしょうね。
万人が楽しめる絵本的作品。読む時期によって感じるところも変わっていく…。
そんな作品群なんだろうと思います。

銀河鉄道の夜は原稿が途中何枚か抜けていて、一番気になる
ジョバンニとカムパネルラが銀河を駆ける列車に乗った瞬間が分からない。
気がついたら銀河鉄道の車窓にいた…てな感じ。
正直、私の想像力では幼稚すぎて幻想的な世界が満喫できませんでした。残念。

面白かったのは「貝の火」。完成度も高くて、読みやすい。
示唆するところはハッキリと分からないのですが、
話の流れといい、結末といい、印象に残る作品でした。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/270-d7c3e658
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。