スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドグラ・マグラ 上

2009年01月30日 18:55

『夢野久作』著 角川文庫 324ページ

一人の精神病患者が、白い部屋で目を覚ます。
自分が何者なのか。今はいつなのか。ここはどこなのか。
一向に判らない。隣の部屋からは自分の許嫁だという少女の叫び声…。

日本三大奇書といわれる本作の最初のシーンだ。
ここからしてすでに普通の推理小説とは違うな…という印象。

自分が何者であるのか、それを思い出すことによって「ある実験」が成功するという…。
つまるところ、その記憶喪失の男はある教授の実験材料として、
今の状態におかれているらしいのだが、すでにその教授は自殺しているとのこと。
そして、その教授の残した論文や遺書などをもとに、記憶の回復を試みる…。

一体何が思い出されるのか。
拍子に負けず劣らずの異様な雰囲気をかもしつつ、私たち読者も
その論文や遺書を読んでいくことになるのだが…。

その内容はたしかに、普通の人間には思いつかない。
夢想家というに相応しい。多少難しくしつこい内容に取れるところもあるが、
上巻の段階ではなんとも評価しがたい。
「キチガイ地獄外道祭文」、「脳髄論」、「胎児の夢」など、
精神科学研究の内容考察がいろいろ出てくる。タイトルからして異様。
…そして、内容も異常。文章の表現が独特なためか、いっそう薄気味悪さは増す。

「狂人の書いた推理小説」、「読んだら一度は精神に異常をきたす」という宣伝文句ですが、
この段階ではその評価には届かないかと思います。
夢野久作氏は、私的には推理小説以外の作品が評価が高いので、
この作品でその見方が変わるかどうか興味深いです。

以降、下巻へ期待…といったところでしょうか。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

  1. Yawn | URL | -

    脳髄はものを考えるところに非ず

    こんばんは。夢野久作好きなのでコメントさせていただきます。
    ドグラマグラは推理ものとして読むと本筋は少し物足りないかもしれませんね。途中、急に別の話に飛んでしまうのも焦れったい。しかしそこがまた楽しいんですよね。本筋から離れて異様な眺めを楽しむ本だと思って読んでました。

  2. ひひ | URL | .mYluWXM

    Yawnさん

    はじめまして!
    とてもコアな作家がお好きなんですね。
    HPも拝見しました。とても幻想的ですね。
    夢野久作の独特な雰囲気は芸術家さんに共感するところがあるのでしょうか?

    「脳髄はものを考えるところに非ず」
    このセリフは本書を読んだ人にはとても分かる言葉ですよね。
    実に異様な思想は凡人には理解しがたいですが、
    一度はのぞいてみたい危険な領域とでもいいますか、
    そんな魅力あふれる作家だと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/267-58494895
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。