スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千夜一夜物語7

2008年12月31日 00:30

『リチャード・F・バートン』版 大場 正史 訳 ちくま文庫 632ページ

全11巻中、7巻目にしてやっとこさシンドバッドの物語が!
537話~645話までを収録。今回は面白い話が沢山集められていて、ザクザク読めました。

シンドバッドは絵本では随分話が省略されているなと思いました。
細かいところまで楽しむならやっぱり小説が一番。27年間で7回の航海をし、
巨大な魚、ロック鳥、巨人…と心躍る冒険が続きますが、生きるために人殺しや
追剥なんかも結構平気でやってたりするので、ここは所謂「子どもに聞かせられない」部分。

シンドバッドも面白かったんですが、今回もっと笑えたのが「女の手管と恨み」という話。
「これから7日間というもの、口をつづんで一言も発してはなりません。
 例え父親があなたを殺そうとしても。それを乗り越えた暁には、残りの人生を高御座で過ごせます」
ある国の王子はこう宣告され、その通り一言もしゃべらずにおりました。
父王はひどく心配し、訝しがり、王子を後宮へやって心の憂さを晴らさせようとしました。

さて、後宮には父王の寵姫が一人おりましたが、その上臈は王子を一目見て気に入り、
強引に迫ろうとします。王子はいましめを守って押し黙っておりましたが、心の中は怒りで燃えておりました。
上臈は王子がなびかないと分かると、この秘密が露呈するのを恐れて父王に訴え出ます。
「王様、王子は私に迫り、これこれのような酷い行いを働いたのでございます!」
たちまち烈火のごとく怒りだした王は、王子を処刑するように下知しますが、
慌てた大臣たちが、それを押しとどめるために、いかに女が奸策に長けているかを話して聞かせます。

「私はこんな話を聞いたことがございます」
ある太刀持ちが、いつも小姓を使いにやって亭主持ちの女と浮気をしておりました。
ところがある日、その小姓が主人に内緒で当の女と戯れておりました。
太刀持ちはいつものように後からやってきたので、女はとっさに小姓を地下室へ隠しました。
二人は楽しくいちゃついていましたが、折しも運悪く女の亭主が帰ってきたのです。

「どうしよう?」「大丈夫。あんたの刀を抜いて、私をさんざんどなりつけてください。
そして亭主が入ってきたら、そのまま帰ってくださいな」「わかった」
太刀持ちは言われるとおりに事を運び、そのまま帰って行きました。
亭主が「お前、これはいったいどういうことだ?」と聞きますと、
「いいところへ帰ってくださいました!先ほど一人の若者が、『助けてください!』とかけこんできて、
すぐさまあの男が後を追ってきたのです。私はとっさに若者を地下へ隠しましたが、
あなたが帰ってくるまで、あの男に脅されていたんですよ!」と、答えました。
それを聞いた亭主は「よくやった!」と妻を誉め、地下に隠れていた小姓を帰してやったのです。

なるほど、女というのは侮れない生き物だ。王様が納得すれば、今度は上臈が黙っていません。
「王様!男ほど悪だくみを用いて人を欺くに長けたものはおりません!私はこのような話を聞いたことがあります」

ある仲睦まじい夫婦がおりました。ある日主人の留守中に、一人の遊び人が館に忍び込みました。
(というのも、その男はかねてから奥さんを恋い慕っていたからです)
そしてベッドの上に、卵の白身をこぼしておき、そそくさと立ち去ったのです。
帰ってきた主人はそれを見つけ、妻が不貞を働いたと思い、さんざん殴りつけました。
女の悲鳴を聞いて、近所の人たちが集まってきましたが、その中から子供が進み出て、
鍋を取り寄せ、それを火であぶりました。そして固まってから少し食べ、皆にも食べてもらいました。
そして一同は「これは卵の白身だ」と結論を下したのです。早合点した主人は、妻に何度も謝り、金貨百枚を送ったそうです。

ははあ、なるほど。男というのはなかなか悪巧みに長けておるわい。
やはり王子は処刑せよ!と王様が言えば、また違った大臣が進み出て…。
と、こんな感じで7日間にわたって数々の物語が繰り返されていく。
ほかにも紹介したい面白い話がいっぱいあるのですが、ここまでにして後は本編にて。

回を増すごとに面白みにはまっていくイスラム文学。
次回はどんな話が出迎えてくれるでしょうか。

…といったところで、今年の紹介はここまでに致します。
一年間お付き合いくださり有難うございます。また、来年もよろしくお願いします。
皆様、どうぞよいお年をお迎えください。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/257-a51e412c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。