スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロベリーナイト

2008年12月28日 20:33

『誉田哲也』著 光文社文庫 435ページ

珍しく、刑事もの。
「グロいよ~食事のときには読まない方がいいよ」
と、職場の先輩に言われて貸してもらった本。
同僚も読んでたみたいで、「グロかった?」と聞いたら、
「んーそうでもないかなあ…」と。
私的には、「まあ、ちょっとグロいかな」くらい。

溜池近くの植え込みから、体中に無数の傷がついた死体が発見される。
何故かへその下から股間にかけて、一直線に切断されたあと…。

捜査一課の姫川玲子は、持前のプロファイリングセンスで、そこに違和感を覚える。
事件は「ストロベリーナイト」という謎の言葉とともに真相に迫っていく。

犯人が複数というのが途中でわかるんですが、推測は全員見事に外れました。
面白かったのは、味のあるキャラ達。博識な先生、ライバル刑事、恋も中途半端に終わったので、
続編あるのかな?と思ったら、「ソウルケイジ」「シンメトリー」と、案の定続いている。

ガチガチの刑事ものではなくて、主人公のヒロインが過去に心の傷を負って、
それを乗り越えていくところなんかは、ドラマチック。
ほとんど、こういうのを読まなかったので、
他の推理小説と、どこがどう違うのか分からなかったのですが、
割と人間味に重点を置いている作品であるかなと。

殺人のシーンなんかは、描写がストレートなので、
少し引いてしまうところもあり。
苦手な人にはお勧めできません。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/256-39d494bd
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。