スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古畑任三郎2

2008年12月14日 01:02

『三谷幸喜』著 扶桑社文庫 253ページ

先日紹介した1巻に引き続き、2巻のご紹介。
1巻参照→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-249.html

「ザ・マジックアワー」は皆さん見られましたか?
http://www.magic-hour.jp/index.html
終始笑いっぱなしで、私的にはかなりGOODな映画でした。
三谷さんの作品では少し前の「THE 有頂天ホテル」も見ましたが、これも良かったです。
古畑シリーズというと、ガラリと印象を異にするジャンルですが、
読んでると「あー、やっぱ会話のテンポが三谷さんだわ」と思うことしばしば。

収録は1巻同様5本。

・ちなみの家
・さよならおたかさん
・中川外科部長のコート
・迫坪秘書の長い夜
・木暮警部最後の事件

最後の木暮警部の話は特にお気に入り。
よく古畑さんは罠を仕掛けて犯人にボロを出させますが、今回もその手で解決します。
テレビで見た方は知っているでしょうから、あえてここで内容を紹介しませんが、
いや全く人間て基本的なことで騙されるもんですね。

前にホームズを読んだ時に「水の近くで重いものがなくなってると、必ず何かを沈めている」という
セリフがありましたが、なるほど、たしかに。そういう何気ないことを普通の人は注目しない。
作家というのはこういうところに常に注意を向けてネタ探しをしているのかしらん。

JALのCMで踊っている三谷さんを見ると、ホントにこの人が書いてんのかな…と思うこともあるけれど(失礼)。
しかし、この人は多才ですね。サラリーマンNEOに出演してた時にそう思いました。

ちなみにこの2巻で小説版は終わりです。
元ネタがあるので、他の人に書いて出版することは可能だそうですが、
大変な産みの苦しみを経てできた作品たちを、やすやすと人に任せたくないそうです。
私も三谷さんタッチだから面白いと思うので、それがよいだろうなあと思います。

参考までに「サラリーマンNEO」
http://www.nhk.or.jp/neo/(動画:新しいネクタイの結び方講座は必見です)


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/251-bd480f6e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。