スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古畑任三郎1

2008年12月06日 01:00

『三谷幸喜』著 扶桑社文庫 228ページ

ああ…今更だなんて言わないで下さい…。
随分前に借りたのに放置していた本…貸してくれた某氏…ゴメン。

推理小説を文学にするのは本当に難しい…と私は常々思うのですよ。
「文学は何かしら自分に得るものがある!」と固く信じて疑わない私にとって、
どうしてもこの推理小説というジャンルにそれを見出すのが難しいのです。

しかし面白い。小難しいことを考えずに、読み終えたときに
「は~、面白かった」と純粋に思えればいいじゃない。と、昔言われたことがある。
ドストエフスキーとか、トルストイとか、そんな本を読んでるわけじゃないんだから…と。
たしかにそれはそう。推理小説の価値をどこに感じるかによって、それは変わるのだから。

それにしてもホームズシリーズは例外だと思う。
あれは「推理小説を文学まで高めた」といえる傑作だと思う。
多くの教訓も与えてくれるし、推理もユニークで、トリックも面白い。そして何といってもあのキャラ。
この古畑警部補もそうだし、赤川シリーズもキャラが光る。
最近で言えば、東野圭吾氏の作品もキャラが光っていますね。
もちろん推理要素も大事だけれど、これらの作品はキャラクター性がヒット要素だと思います。
知ったような口きいてますね、すいません。

さて、フジテレビ系で放映されていたときに見ていた人も多いでしょうから、
今回は内容は置いといて、そのタイトルだけ紹介しておくと、

・おめでとう、アリ先生
・六代目の犯罪
・幡随院大、走る
・黒田青年の憂鬱
・井口薫のレクイエム

以上5つを小説版に収録。
犯人の視点から話が展開するので、最初から誰が殺したか分かる。故にワトソン訳の今泉氏は出てこない。
一話が丁度いいくらいに区切られてて読みやすい。手の空いたときに読めてしまうから嬉しい。

やっぱりドラマ見てると田村正和のイメージが強いですね(笑)。
見てても見てなくても、そこは上手くマッチングするのでご心配なく。

関係ないですが、三谷幸喜氏と、阿刀田高氏…、この二人の作家は
ものすごい気が合いそうな気がするのですが、そう思うのは私だけでしょうか…。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト


コメント

  1. 森永洋一 | URL | -

    自著の小説のご紹介

    はじめまして。私は鹿児島県の奄美大島に住む森永洋一と申します。寝屋川市で読書好きの方を探しておりましたら貴方様のHPがありました。私は4月に小説『あの夏にすべてを賭けて』を全国発売いたしました。奄美が舞台で鹿児島の大学生が主人公の、非常に切ないサスペンス・タッチの恋愛小説です。6月に九州の新聞で取り上げられ鹿児島・奄美では多少話題になっています。現在、増刷改訂版が出ています。ネット通販でご購入できます。寝屋川市立図書館にもあります。ただし初版本です。ご興味がありましたらご一読お願いいたします。突然の申し出ですみませんがよろしくお願いいたします。奄美より

  2. ひひ | URL | .mYluWXM

    はじめまして

    こんばんは。はじめまして。
    コメント欄に自著のご紹介して頂けるとは、珍しくも嬉しく、驚いています。

    全国出版おめでとうございます。
    内容は純愛小説のジャンルになるのでしょうか?

    ちなみに自分は図書館では借りない主義なんです。
    (あとで感想を書くためにページを折るので…)
    図書館の繋がりでご紹介いただいたのなら恐縮です。
    アマゾンっ子なので、そちらで検索してみることにします。

    読んだ折にはまたご紹介させていただきますね。

  3. 森永洋一 | URL | -

    御礼

    ご返事ありがとうございます。図書購入派でしたら私としても嬉しい限りです。貴方様がお読みになられるのを楽しみにお待ちしたいと思います。またその時にお話しいたしましょう。それでは。奄美より

  4. 森永洋一 | URL | -

    追伸

    質問にお答えするのを忘れていました。5人の男女の思いが交錯する、普通の純愛小説とは多少趣を異にする、非常に切ない恋愛小説です。物語のとらえ方は読者によって異なりますが。情景や心理描写が細かく、「読む映画」と評されています。あとは貴方様がお読みになられてご判断いただければ。よろしくお願いいたします。奄美より

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/249-64333799
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。