スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロスと精気(エネルギー) 性愛術指南

2008年11月26日 02:10

『ジェイムズ・N・パウエル』著 浅野 敏夫 訳 法政大学出版局 192ページ

快楽のセックスから、精神の充足のためのセックスへ。
局部性器の満足を追いかけ、虚しさを募らせる現代人へ朗報。

倦怠期のカップルにぴったりの指南書(笑)。
気持ちの面でも、具体的なセックスの方法でも得るものが多かったと思います。
現実的な視点に囚われて生きる現代人にとって、セックスとはとても西洋的。
それは単に性器を結合して摩擦するにすぎない。

人間は10ヘルツの周波数で、電磁力を帯びている。
人二人のセックスによって生み出される電磁場は強力なエネルギーとなって、私たちの心身に健康をもたらす。
本当かな?と疑うことなかれ。これは実験結果から明らかに言えることなのだ。

もちろん、精神的な満足もかなり大きく、これについては女性の方が気が付いているようだ。

「私にとって、いいセックスとは性器をはるかに超えたものだわ。
 二人の肉体と魂の全部がお互いに探り合い、お互いを感じ合い、
 互いに感じやすくなり、抱き合い、いとしく思い合い、互いにやさしく、
 しっかりとわかり合い、努力して二人が一体になる。
 個々の人格でありながら、またそうじゃない。そいうのがいいセックスなのよ」

中国の道教が教えるセックスでは、このことは性の習慣に取り入れられていた。
男性は「陽」、女性は「陰」であり、セックスを行うことでお互いのエネルギーを吸い取るものだとされた。
射精は「陽」エネルギーの放出であるため好まれず、いかに至らず女性に「陰」、つまり愛液を出させるかが大切だった。
そこにロマンティックな要素はなく、彼らにとって女性は生体療法的な力を備えた敵であった。
女性と体を交えるのは戦闘に入ることだったのである。

インドでも同様の習慣があって、男女二人が神になり替わる儀式を長時間かけて行い、
徐々に性的興奮を高めていくという、儀礼的なセックスがある。

単純でいてくつろいだ形の抱擁、愛撫の微細さ、いたわりの身体的表現は現代の私たちとは無縁に近い。
それを偶然か否か、宗教という形で結びつけていた人類もいたのだから不思議なもの。

では具体的にどうすればいいのか。
…というのは、ここで説明するよりも、興味のある方が本書を読んでいただくほうが早いかと思います。
しかし、ははあ…なるほど、確かに心が満たされそうな方法です。
これを読んで、実際に冷めていた夫婦仲が改善された例は少なくないそうですよ。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/243-abea732e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。