スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海底二万マイル

2007年09月30日 00:35

ジュール・ヴェルヌ』著 南本 史 訳 ポプラ社文庫 198ページ

東京ディズニーシーの中央に位置するアトラクション、「海底二万マイル」をご存知でしょうか。
そう、あれの原作ですね!あれって、結構人によっては賛否両論で、
「面白かった~!」という人もいれば、「あんなに長時間並んでこんなものか」という人も。

一つ言えるのは、原作を知っているか知っていないかで、
このアトラクションは随分と面白さが変わるという事でしょうか。
映画化もこれまで沢山されている魅力ある作品です。

<あらすじ>
話は謎の一角クジラ出現の話題から始まる。
「海に得体のしれない、大きな怪物がいる!」
その真相を確かめるため、船に乗り込んだアロナックス教授。
しかし、実際に見つけたのは鉄板で覆われた潜水艦だった!

船が沈没して溺れるところを、潜水艦ノーチラス号ネモ船長に助けられ、
潜水艦に乗り込んだアロナックス教授、助手のコンセーユ、もり打ちのネッド。
彼らを乗せて、ノーチラス号は神秘に溢れた海底旅行へ出かける…。
-----------------------------------------------------------------------------
みどころがたくさんあって困りますが、海底の古代都市「アトランティス」や、
沈没船の見物、大ダコとの戦い(ディズニーシーでは電流でやっつけるヤツ)、
スエズ運河の地下を通って、紅海から地中海へ抜けてみたりと、
児童向けの平易な文庫でしたが、充分楽しめました。次は創元SF文庫ので読みます!
海はまだ現代人にも探索し尽くされてないというのが、想像の余地があってイイですね~。

話はアロナックス教授の日記形式で淡々と進んでいきます。
この作品ではネモ船長は「謎の人」で終わってしまいますが、
「神秘の島」では過去が明らかになったりしているので、そちらも参考にどうぞ。

ああ~~、一度でいいから、こんな旅をしてみたい!
そりゃ、ディズニーシーさんに期待もかけちゃいますよ。
ネプチューン号だか知らないが、どうせならノーチラス号に乗せてくれYO!!
ディズニーシー好きで、ヴェルヌを未読の方は、「センター・オブ・ジ・アース」の元ネタ、
「地底旅行」と合わせて、是非本作を読んでみてくださいねえ~~♪


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/19-93c7d6fd
    この記事へのトラックバック

    わすれられないおくりもの (児童図書館・絵

    「生きて死ぬこと」とはどういうことか。生きている意味は何なのかをやさしい文章で語ってくれています。年老いたアナグマがみんなに伝え残していったいろんなことが、アナグマの死を悲しむ友達をその悲しみから救ってくれるというお話です。中でも一番仲の良かったモグラが




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。