スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新約聖書物語

2008年10月08日 18:44

『谷口江里也』著 ギュルダーヴ・ドレ画 アルケミア出版 223ページ

ホテルに備え付けられてる机の引き出しを見て、聖書が置いてるのに気がついた人は多いでしょう。
あれを手にとって最初のページを見たら、なんじゃこりゃ?と思わなかったでしょうか?

聖書には「旧約聖書」と「新約聖書」があって、ホテルにあるのは「新約」の方。
(たまに旧約と一緒になっているのもありますが…)
「○○は△△の息子」…といった退屈な冒頭部分が続き、キリストの系統が説明される。
聖書を題材にした映画は、「十戒」や「ベンハー」など有名なのがありますが、
基本的にその内容は「旧約聖書」のウェイトが高いのかなと思います。
それは何故か?

うーん、やっぱりダイナミックさが違うからかな。
海をズバーンと真っ二つに割ってしまったり、街を雷で一掃してしまったり。
「新約」はイエス・キリストの生涯を追う物語だから、少し控え目。
水面を歩いたり、水を葡萄酒に変えたり…ちょっと地味(失礼)。

前回の「旧約聖書物語」はコチラから↓
http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-151.html

「新約聖書」の内容は、もうご存知の前提で今回は省略。
構成はマリアの受胎告知からイエスの誕生、ヨハネの洗礼、
布教を始めるイエスと続いて、エルサレムで十字架にかけられるいつもの流れ。
そして、復活、昇天、弟子たちの布教活動、ヨハネの黙示録と続く。

イエスのセリフっていうのは、ちょっとよく分からないのが多い。例え話も多い。
いや~、神の子はやっぱり言うことも違うわな…意味は分からないけど厳かな感じだし。
正直こんな感想を持ってしまうのが、だいたい一般人の共通するところ。
谷口さんの訳は前回も読みやすかったのですが、今回のも分かりやすい。
すべてを網羅したわけではないけれど、必要な場面は押さえてますって感じ。
極力、普通の日本人が読んでも分かるように訳してくれているので、
ホテルの聖書のように投げ出してしまう事は無いと思います。

特に興味深かったのは「ヨハネの黙示録」。
キリストの話はだいたい分かったけれど、これについては触れる機会が少なかった。
これはいわゆる「預言書」。ヨハネさんが受けた啓示をそのまま書き記したもの。

これがまたドレの絵に合う。四頭の馬が天から降りてくる姿や、
大天使ミカエルと竜の戦いなど、荘厳な雰囲気がよく分かって面白い。
普段読む機会がなかったので、勉強になりました。

現在出ているアルケミア出版のドレ画作品は、今のところこの新・旧聖書と、
ダンテの神曲、寓話1~3までですが、もっと見てみたいですね。
大型本で値段も張って、本棚を見ると結構なスペースも占領してますが…(笑)。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/168-94e7c1b2
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。