スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧約聖書を知っていますか

2007年09月16日 23:10

『阿刀田高』著 新潮文庫 317ページ

聖書っていきなり時代が変わったり、
今までの登場人物はどーなったんだ!?
そういう展開が多い。

読みにくいなあ…。なんか、簡単につながりがわかって、
お手軽に、浅く知識を詰め込んだ本はないものか。
呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン。と、この本の出番な訳で。

頼むから登場人物の会話を現代風にしないでほしい。
おもしろすぎますから、阿刀田さん。

旧約聖書はユダヤ教の聖典である。
正確にはキリスト教も入ってきたりするけれど。

それにしてもユダヤの神様って嫉妬深いんだな~と思う。
天上天下唯我仏尊じゃないけれど、「俺だけ敬え!!」と。

子供時代、本気の本気の本気に神様にお願いしたら、
願い事は叶うと思ってた頃。。。
「お願いします!お願いします!お願いします!」
本気になろうとするけれど、どうしても心の片隅では
神様のことが信用できない自分がいて。
「願い事がかなわないのは、本気で神様を信じることができないからだ」

な~んて思ったりしたもんです。
子供心にこんなことを感じていたんだから、本の中で
「悪いことばかり起こる…神様なんていないんじゃないか」
「それは神様を心から信じてないからだ」
「じゃあ信じます。でも、悪いことばかり起こる」
「それは神様を心から…」
「でも、悪いことばかり…」
「いや、それは…」


悪いことが起これば、神様なんていない…と思ってしまう。
願い事がかなわないから、神様なんていない…と。
この悪循環を指摘してるあたり、そうそう、そうなんだよ!と、
妙に納得してしまったり。

きっと私には一生理解できない領域なんでしょう。
だからこそ、バチの当たりそうなスレスレエッセイを書く
阿刀田さんの文章に惹かれてしまう。

聖書!と意気込んでみても、風船に針を刺したように
気が抜ける感じ。本当は奥が深いのだろうけれど…ね。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/15-dd29c71b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。