スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちら、団地探偵局PART2

2007年09月11日 23:32

『赤川次郎』著 角川文庫 294ページ

第一弾から引き継いで、また主婦探偵登場。
前作とは異なり、一話が少し長めで構成されている。

一作目参照→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-11.html

私的には、この二人コンビの主婦探偵は、
「お魚くわえた犯人のドラ猫を捕まえる」ような
ほのぼのストーリーのイメージが強かったんですが、
今回は一転して殺人の起こること起こること。

家政婦は見た!をついつい連想してしまう内容。
いますよね~、どーでもいいことをちゃんと見てる人。
私としては前作の方がほのぼのしてて良かったかな~なんて思ったり。
望遠鏡を異常なまでに覗く夫の話とか、結構好きだったな~。

今回は割と、不倫やら妬みやら、大人のカンケイ的な部分が多くて、
助手の探偵も男にヤられそーになったりと、昼ドラ的。
推理モノにありがちな動機という部分では意外性に欠けたかな。

さくさく読みやすい点と、日常的な親しみやすさは
相変わらず健在で、さらに磨きがかかってて嬉しいところ。
一日とかからず読んでしまった。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/14-90d0541c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。