スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家畜人ヤプー5

2008年06月26日 18:32

『沼正三』著 幻冬舎アウトロー文庫 387ページ

やっとこさ最終巻へ突入。中断されていたまま未完だったものを完結させ、全49章。
1~4巻までの参照は、ブログ内検索「家畜人ヤプー」からお願いします。

本人もこの本が有名になり、部数を伸びたことを、
「猟奇への傾向は一時的な風俗現象にすぎず、万を超えた冊数も
 明日は覆醤の反故となり果てるのではないか。ただ、本来予定された、
 選ばれた少数の読者だけが、二度読んでくれるのではないか」
こうおっしゃっておられる。確かに私は喜んでこの本を二回読むかといえば疑問に思う。
人が本を選ぶというが、本も人を選ぶのである。

クララのセッチンになることを決心したリンは、彼女に無条件降伏を誓う。
かつての恋人の排泄物を受け止める事はもちろん、恋敵であったクララの新しい婚約者ウィリアムの
便器にもこれからはならなければならないのだ。しかし、彼はもうそれを「嫌だ」とは思わなかった。
彼の遺伝子からくる家畜人因子が誘発した決心だったのか、それは分からない。

クララはウィリアムとの婚約発表を、イース上流階級の人間が集まるパーティーで行い、
イース人としての仲間入りを果たした。そしてその夜、彼女はリンと二人きりの時を過ごす。
「かつては恋人であった」ことから、リンへ最後の憐れみを垂れようという気持から出た行動だった。

「リン、お前戻っていいわ。戻してあげる」

思わぬ慈悲。もう一緒にいられないが、リンを元の地球面へ帰し、
「人間として」生きる事が出来た時代へ、元の暮らしへ戻らせてもらえるというのだ。
…リンの出した答えは…。

今まで家畜人ヤプー1~4巻で色々な事を紹介してきましたが、最初は読み慣れないせいか、
漢字や読み仮名の羅列に飽きが来てしまうこともありました。5巻まで来ると、もう支障がありません。
ヤプー世界へのシンクロ率が高まったのでしょうか。

白人の入ったお風呂の排水が、黒人の貴重な飲料水扱いになって、
そこに混じっている毛が立った日には、「毛柱が立つ」といっていい事があるとか。
魚のようにヤプーの首をつけて出すヤプーステーキ。生きたままの肉をそぎ落とされ、
その苦痛から出る成分が、さらに肉の味を引き立てる。
他にも釜ゆで、フライパンの上で踊らされる料理法、サシミ、フォアグラ、脳みそのスプーンすくい。

考えれば私たち人間が動物にする残酷な料理に(多少の憐れみを感じる事があるとはいえ)、
グルメを求めるのと同じで、ただその材料が人と同じ形をしているだけというのなら、
何も問題はないのかもしれない…(?)。

「家畜人ヤプー」は世間から見れば圧倒的な少数派である。
しかし、こういった小説を必要としている人がいるということも事実であり、
作者もそういった人たちに支持されればよいと考えて発刊している。
リンの答えも、ヤプー存在理論も、とうてい理解の及ぶところではないが、
この小説は決して世の中から消えていくことがないであろうことは、推測が及んだ次第である。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/139-120d703a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。