スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラム金融入門 世界マネーの新潮流

2008年06月23日 18:56

『門倉貴史』著 幻冬舎新書 222ページ

最近よく耳にする「イスラム金融」という言葉。まあ、仕事の勉強がてら読んでみる事に。
発売は2008年5月30日なので、最新ニュース盛りだくさん。
まず、イスラム金融といえば、四つの特徴があるそうで、

①利子取引がないこと
②契約中の不確実性
③投機的な行為
④豚肉、タバコ、お酒、武器、ポルノの使用や取引

こういったことを禁じています。
規制に適格かどうかはシャリーア(イスラム法)に基づいて判断されるのですが、
どうして利子を取ってはいけないのか?それは、利子というものは、
「寝てても発生する利益」であって、働かずに設けるというのはシャリーアで禁止されているのだとか。
でも、利子を取らずにどうやって金融システムが成り立つんだ?と思うことなかれ、
ちゃんとリース取引や、小売に近いやり方で、銀行を経営することができるのです。

イスラム金融が何故注目されるようになってきたのか?
根本的な理由としては、イスラム教徒の人口が増えてきていることが挙げられます。
コーランでは、人間が妊娠や出産をコントロールすることを禁じているので、
相対的に人口は年率2~3%ずつ増えており、世界人口にして25%を占めるようになってきています。
一般の銀行に預金をすると利子が付いてしまうので、イスラム教徒は預金をしない人も多いとか。
タンス預金がイスラム金融の浸透で市場に出てくる可能性は十分考えられるわけです。

二つ目の理由は、イスラム金融を信仰している国の成長が著しいということ。
BRICsの次はVISTAとか、ネクスト11とかよく言われますけれど、とある雑誌では
イスラム金融を信仰するポストBRICsとして、「MEDUSA」(メドゥーサ)が話題になってるとか。
マレーシア、エジプト、ドバイ、サウジアラビアで構成されるこれらの国は、
イスラム教徒の人口が多く、特にマレーシアは世界一のイスラム金融国。

そして最後、三つ目の理由は、我々も身に沁みて痛感している「原油高」。
いやーもー、ガソリン高いっすね!!最近。やってられないですよ。
この原油高騰で儲かっているのが中東の国々。よく聞くオイルマネーというのは、
今回の原油高で潤った国が蓄えている資金のこと。
中東はイスラム教徒が大半を占めるため、現地の投資家が運用をするにあたって、
イスラム金融の対するニーズはとても高い。これまでイスラム金融が発達していなかったので、
オイルマネーが欧米に流れていたけれど、現在は振興に伴って、そちらに資金が流れ始めています。

このような現状を受けて、各国はイスラム教国ではなくとも、オイルマネーの受け皿として
イスラム金融を振興させようという動きが活発になってきています。
日本でも有名な格付け会社スタンダード・プアーズが、イスラム法に適合した日本株を選別して、
「シャリア指数」という株価指数を作ったり、イオンがマレーシアでイスラム金融債を発行したりしています。
わざわざイスラム金融債を発行するのは、それだけ需要があり、低金利で資金調達できるからだそう。

新興国は特にこれからインフラ投資を始めるのに、積極的にオイルマネーを活用したいようで、
競ってイスラム金融の整備を始めています。
しかし、現状はイスラム法の解釈が世界各国で異なり、グローバルに展開しようにも、
出来ないのが実情のようです。イスラム銀行を作るためには、取引や商品が
イスラム法に反しないかを審査する委員会を作る義務があるそうで、最低でも審査委員が3人はいる。
しかし金融知識を持ち、さらにイスラム法の知識を持っている人は、世界で100人程度。
さらに英語ができる人は20人程度しかいないようで、多くの人が掛け持ちで仕事をしている。
そういう事もあって、一概にイスラム金融が拡大していくとも言えない。

現在では、そういった金融とイスラム法に精通する人間を育成するスクールもでき始め、
イスラム法の国際基準の整備も進んできています。
これから、それらの基盤が整ってくると、イスラム金融の浸透が加速していくことが考えられるんでしょうね。

これから目が離せない中東・オイルマネー。
是非とも日本株もその波に乗ってくれればいいのですが…ね(笑)。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/138-5b16aeef
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。