スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寓話 3

2008年06月07日 22:50

『谷口江里也』著 ギュルダーヴ・ドレ画 アルケミア出版 237ページ

ついにこれにて最終巻。ラ・フォンテーヌの寓話第三巻。
240話すべて読み終えた時には、その揶揄の多さに半ば呆れつつ、
よくもここまで人の愚かさ、切なさ、美しさを発見できるものかと溜め息が出ました。

一巻はこちら→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-123.html
二巻はこちら→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-127.html

寓話は動物をモチーフに話が展開するものが多いですが、今回は人間がモデルの話も多かった気がします。
そして、「さて、あなたはこのあとどうしますか?」とか、「今後どうなったと思いますか?」という
問いかけのストーリーが多く、とても哲学的。

基本的に谷口さんも、ラ・フォンテーヌも、人生観は良い意味で楽観的だったようで、
現代風に言えば、ナンバーワンよりオンリーワン。素直な気持ちで人生を歩んでいきましょうねという印象。
人間が賢いだなんて思わないこと。でも、卑屈になりすぎるのもいけない。
これだけ揶揄されると、何をしてもダメな気になるけど、そうではない。
ようは平凡に生きろということか?こんな風に何百年も前に書かれた物語が、
今も我々の心に響くのだから、人というのも進化のない生き物なのかもしれません。

今回もお話を一つ。

-----------------------------------------------------------------------------

「イヌと妄想」

川縁にいた二匹のイヌが、川上からゆったり流れてくる溺れた動物を見つけた。
二匹のイヌはそれを見て、大きな肉の塊が流れてきたと思って喜んだ。
ただ、問題はその獲物が川の真ん中を流れていて、どうも岸辺の方へは流れてこなさそうなことだった。

そこでこのイヌたちはとんでもないことを考えた。
まず一匹のイヌは、問題は獲物と自分たちを隔てている水にあると考えた。
そしてあろうことか、川の水を全部自分で飲み干してしまおうという暴挙にでた。
イヌの頭は既に妄想でいっぱい。善は急げとゴクゴク水を飲み始めた。

もう一匹のイヌは、なんとバカなやつだろうと、それを眺めていた。
そんなことが出来るわけないのは、このイヌには考えるまでもないことだった。
そこでこのイヌは全く違う方法を考えた。

それはつまり、風の向きを変えれば何とかなるのではないかということだった。
風は川岸から向こうへ吹いており、その風に吹かれて獲物はどんどん遠のいているように思えたからだ。
それは一見、論理的な考えといえば言えなくもなかった。
問題はどうやって風向きを変えるかということだが、そのイヌは何と
大きく息を吸って風を吸い寄せ、その力で変えようとしたのだった。

-----------------------------------------------------------------------------

いやはや妄想とは恐ろしい。
我々も妄想と計画の違いには気をつけなければいけませんね。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/130-1f3ca748
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。