スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンドバッドの冒険

2008年04月17日 00:55

『ルドミラ・ゼーマン』文/絵 脇 明子 訳 岩波書店

シンドバッドの冒険は、千夜一夜物語、いわゆるアラビアン・ナイトの中の一つのお話です。
そもそもの千夜一夜物語の話が始まった経緯は、ブログ内検索「千夜一夜物語4」を参照にしていただければと思います。

ルドミラ・ゼーマンは前回も「ギルガメシュ王物語」で紹介させて頂きましたが、
絵本業界では有名な方で、その独特なタッチと歴史を感じさせる背景などが印象的です。
作品は三部作になっていて、
「シンドバッドの冒険」、
「シンドバッドと怪物の島」、
「シンドバッドさいごの航海」の三本立て。

荷物担ぎのシンドバッドが、ある日通りすがりに大商人と出会います。
その人が召使に呼ばれた名前は、自分とおなじ「シンドバッド」。
一方は大金持ちで、一方はしがない荷物担ぎ。世の中、なんて不公平なんだ。

そんな不平を洩らす荷物担ぎのシンドバッドを、商人のシンドバッドは家へ招待します。
「君ねえ、私はこれでも昔は生きるか死ぬかの苦労をしたんだよ。
 最初っからずっと、こんな裕福な暮らしばかりしてきた訳じゃないんだから。まあ、お聞きなさいよ」
こんな感じで、若かりし頃の話を始める。

これがいわゆる「船乗りシンドバッドの冒険譚」。
最初はクジラの島に行き着いて、知らずにその背中をナイフで刺しちゃったから、クジラが怒ってさあ大変。
結局タルにしがみついて、一人漂流するハメになり、ロック鳥という巨大な鳥の島へ。
故郷へ帰るために、ロック鳥の足へしがみつき、どこかの谷へ下りたものの、そこは蛇の巣窟。
しかし、谷底にはダイヤモンドの絨毯。すばらしいものばかり。

どうかしてこの谷から抜け出せないかと思案しているところへ、目の前に羊の生肉が降ってくる。
落ちた勢いで生肉にダイヤモンドが刺さって、それをロック鳥が餌と思い、拾い上げたところを狙って
人間が手に入れるというという作戦のようだ。
これだ!とばかりにシンドバッドは生肉に体をくくりつける。

ロック鳥がやってきて、上手い具合に空中へ舞い上がった。
どうやって降りようかと思案しているときに、ドラや鐘の音がやかましく響いた。
驚いたロック鳥は肉を離してしまう。まっさかさまに下へ落ちていったシンドバッドだけれど、
なんとか木の枝に引っかかることができ、一命を取り留めた。

しかしまあ、びっくりしたのはダイヤモンドを拾おうと生肉を仕掛けた人たちだ。
人間がおまけについてきた。しかも、見たことのない大粒のダイヤモンドを手に持っている。
シンドバッドは事情を説明し、船に乗せてもらって故郷まで送ってもらうことにした…。

まだまだ冒険は続くのですが、一巻はここまで。こんな感じで他にも色々な島へ漂流します。
気になったのは二巻の怪物のいる島ですが、どうも背景がカンボジアのアンコールワットに見えます。
というかそのままなんですが、これも興味深いところです。
当時のアラビアの感覚では、アジアは未開拓の未知世界だったのでしょうか。
ちなみにダイヤモンドの谷はどこらへんなのかという疑問ですが、地図ではスリランカの沿岸あたりのようです。
クジラの島はさらに南、インド洋の中腹あたりでしょうか。そういう推測も楽しいものです。

そして、相変わらずクオリティが高い絵本です。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hihidx.blog115.fc2.com/tb.php/114-f51d201a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。