スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失われたムー大陸 第一文書

2009年08月31日 23:37

『ジェームス・チャーチワード』著 小泉 源太郎 訳 ボーダーランド文庫 315ページ

ムー大陸とは…英国の退役陸軍大佐、ジェームス・チャーチワードの提唱した、
かつて高度文明を有していたとする、太平洋上に浮かぶ大陸のこと。

太平洋上に点在する島々、そこに残された謎の遺跡群。
それらの位置を基にすると、かつて海には大きな大陸が浮かんでいた事が分かる。
栄華を極めた大帝国は、地下のガスベルト爆発によって一夜にして海の藻屑と消えた…。

フィクションとしては、かなり楽しい話題ではあるけれど、
当時の科学者相手には一笑に終わる、途方もない提唱だったろうなぁ…。
この作品は記念すべきチャーチワードの一連の著作、第一作目。
日本語訳では、計5冊が4冊へ圧縮され「失われたムー大陸」
「ムー大陸の子孫たち」「ムー帝国の表象(シンボル)」「ムー大陸の沈没」が発売されている。

何を根拠にチャーチワードはムー大陸の実在を主張したのか。
それは、彼がインドの古い寺院を訪ねた時に見せてもらった秘蔵の石板に由来するのだという。
そして彼は「ナーカル碑文」と呼ばれる不思議な粘土板を解読した結果、かつてこの世には、
6万4千の人口とともに滅んだ大帝国があったという結論に達するのだった。

「ナーカル碑文」を前提として世界各国の碑文を読むと、いたるところに「ムー」の痕跡は見られる。
また、遺跡や紋章などに用いられているシンボルは、世界で何と共通性があることか。
作者の解釈によって各国のシンボル読み説かれ、共通点を拾い、「ムー」の実在性を説く。

…が。やはり無理が過ぎる内容。科学者だけでなく、素人が読んでも明らかに捏造が過ぎる。
そもそもチャーチワードという人物自体も謎に満ちている。英国陸軍に在籍した形跡はなく、
アメリカの作家だと言われている。そして肝心の「ナーカル碑文」も実物はおろか、写真すらない。
秘蔵の石板ということで、「インドの寺院の希望により」公開できないらしいが、はたして…。

物語ではなく、あくまでも提唱なので、説明調の文章が続く。解読に関しても、
“「3」はムーを表す数字。だから、この三つの羽模様は「ムー」を表している”
と、どれも無理のある解釈ばかりで、途中でうんざりする感じ。
しまいには、飛行機や、それを落とすための高射砲まであったとまで…。

発売当初には、かなり人気を博した本だったようだが、
信じた上で…という訳ではなく、ロマンがあったから人気が出たのでは?
たしかに面白い考え方も出てくることは出てくる。

「旧石器時代と、新石器時代で、道具の作りが向上しているからと言って
 必ずしも時代が旧→新へ変わっていったとは言い切れない。
 その間に大陸の沈没があれば、文明に慣れた人間は逆に退化することもありうる」
こういった考え方は、科学で「ありえない」と証明されたとしても、読み物としては十分面白い。
現代のアニメや映画に、「ムー」の名前がいたるところで見られるのは、彼が残した功績を証明している。

ただ、結論として「ムー」は実在しなかったのは事実。
それほど大きな大陸が沈没したというのであれば、世界の水かさが増え、
実質的にほとんどの大陸は水没してしまうから…なんだとか。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

だれかに似た人

2009年08月30日 23:45

『阿刀田高』著 新潮文庫 348ページ

いつか、阿刀田氏の作品の出してる文庫は全部読んでやろうと目論見中。
wikiで見る限り、出してるタイトルだけでも約150。道は遠い…。

前回と同様に、「小説新潮」へ掲載された、短編10篇を収録。
「だれかに似た人」というタイトル小説があるわけではなく、
「だれかに似ているが、だれとは特定できない男女の物語」、というテーマ。

ホラー小説…とはちょっと意味合いが違うかもしれないけれど、
異界への扉とか、奇妙な一致とか、オカルト色が強い。

「Y字路の街」   「無邪気な女」
「灰色の名簿」   「黒い数列」
「愛妻物語」    「明日を売る女」
「海の蝶」      「女体」
「孤独な舞踏会」 「奇談パーティ」

頑なに夫の愛撫を拒んでいた妻が抱えた、過去のトラウマとは…。
妻の女体を隅々まで正確に写し撮った写真を眺める男…。

基本的には、男女の関係…ということなので、艶めかしい話が多い。
年季の入った小説家の手にかかれば、情事の描写も、ある種のイラらしさが出ない。

コラムニスト、ミステリ評論家、香山二三郎氏が書いた解説もGood 。
阿刀田さんの書く「不気味さ」を的確に表している。

「残酷シーンをリアルに描き込むことが読者や観客に著しい
 恐怖のみを喚起させるとは限らない。前述したように、スプラッタ・ムービーの中には
 いかもの趣味を逆手に取ったスラプスティック調の怪作さえ現われてきている。
 残酷シーンの多くは生理的な恐怖を与えるが、それも度を超えるとお笑いになってしまうわけだ」

スプラッタを外面の怖さと言うなら、阿刀田さんは内面の怖さ。
これと同じような事を、前にもホームズで書いたけれど、ドイルの小説もまさに同じ。
先日聞いた怖い話で、「猿の手」っていうのがあったけど、これも扉を開けてしまってたら、
どうなっていたか分からない…そういう「分からない」「見えない」ものへの怖さが堪らなかったです…。
阿刀田さんの薄気味悪さと少し似ているなぁ…と感じましたね~。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ


あやかしの声

2009年08月27日 23:51

『阿刀田高』著 新潮文庫 271ページ

1996年の作品を文庫にしたもの。阿刀田さんはかなりたくさん作品を出してますが、
作品数でいうと後半の方のものになるためか、より目の付けどころが上手い。
阿刀田さんお得意の「不気味」さが後引く。前に紹介した「七つの怖い扉」に似てるかも。

ドスンと落とし込むオチをもってくる話もあれば、奇妙さを漂わせて終えるのもアリ。
地下鉄サリン事件を題材においた「背後の足音」は、最後の追記を読むと、
阿刀田さんらしい事件への想いや、気遣いが感じられる。

計11の作品を収録。
「背後の足音」    「死の匂い」
「愛のすみか」    「車輪の下」
「気弱な恋の物語」 「鼻のあるスクープ」
「灰色花壇」      「弁当箱の歌」
「俺の力」        「鉢伏山奇談」
「あやかしの声」

ところどころに関係のなさそうな伏線を張り、うま味を利かせる…的な事を、
巻末の解説でルポライターの朝山実さんが書いておられますけれど、
その微妙な一スパイスが、同じような数ある短編でも抜きんでる秘訣なんだろうと思う。

「あやかしの声」では、古い書物のつぶやきが聞こえてくる…という内容ですが、
エジプトのアレクサンドリアで、世界最古の図書館跡地へ赴いた主人公が、
不思議な老人に連れられて、重なった石の奥から聞こえるブツブツという声を聞く。
その主軸の脇には、妻の知り合いで本を出版したという人物が…。

こういう伏線が、やっぱりベテランはすごいんだろうなぁ…。
阿刀田さんは直木賞や、乱歩賞などの審査員をやってますが、
やっぱり大衆小説家というカテゴリーになるのかしら…。
人間を掘り下げる…純文学とは違うものの、そういうところまで、
この方なら考えてそうだなあ…。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

「世界の神々」がよくわかる本

2009年08月26日 20:28

『東ゆみこ』監修 『造事務所』著 PHP文庫 317ページ

非常に読みやすく、簡略化された神様図鑑。
唯一神を崇めるキリスト、ユダヤ、イスラムは除外され、
ギリシャ、北欧、ケルト、インド、メソポタミア、エジプト、クトゥルーの
計7つの神話を取り上げて神様を紹介しています。

一つの神話につき、大柱になる3神ほどをイラスト1ページ、
解説3ページの計4ページで紹介し、次席の神を2ページ、
その他の神を1ページ…と紹介している。

内容は本当に「さわり」部分にとどまり、神話に慣れ親しんだ人には、真新しい発見はない。
今の日本ではゲームなどでも、神々の名前が至る所に使われているので、
その神々がどういう存在なのかを知るための初心者向け本。

最近、ひそかに神話とか古典のブームが来てるのかなあ…と感じますが、
時代の波にうまい具合にこの本も乗ったようで、36万部突破だとか。
少し俗っぽく書きすぎてるきらいはありますが、まあ許せる範囲かと。
有名とは言い難い、ケルト神話とかになると、読んでない人には、
「ふーん」と読み飛ばしてしまうところがあるかも。

神話といっても世界各国に無数にありますが、基本的なのは上記7つと、
アメリカ(マヤ・アステカ)、日本、中国くらいが主だったもの。
ケツァルコアトルなどの有名な神がコラム程度でしか触れられてないのも、
あまりゲームとかで活躍していないから??と、人気取り的な部分を感じる…。

ただ、「武器」や「食べ物」に注目したコラムは面白い!編集の遊び心が感じられます。
それに加えて本書の魅力はイラスト。表紙と中のイラストは別の人が担当してますが、
挿画の仙田聡さんの描く神々は迫力があり、イメージとして頭に描きやすいです。

「世界の神々がよくわかる本」の東ゆみこさん以外にも、色んな人の監修のもと、
「天使と悪魔がよくわかる本」や、「伝説の武器防具がよくわかる本」など、
シリーズ化されて出版されています。アマゾンから広告メールが来ること来ること。

こうして神話の世界が、一般的に広がりを見せるのは、一時的なブームだとしても喜ばしい事ですね。
もっと広範囲を網羅している説明を!という方には「世界神話辞典」など。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

ファウスト 第一部

2009年08月24日 20:01

『ゲーテ』著 池内 紀 訳 集英社文庫ヘリテージシリーズ 358ページ

<あらすじ>
あらゆる学問を極めつくしたファウスト博士。しかし、結局のところ、
「何も知ることができない」事が分かって絶望する。

悪魔メフィストフェレスは彼に近づき、血の契約を交わす。
「時よとどまれ、おまえは実に美しい!」という言葉をファウストが言えば、
ただちに魂は奪い取られてしまうが、その間は地上の快楽を味わいつくせるというものだった。

魔女の霊薬により20代に若返った(もとは50代)ファウストは、
マルガレーテ(グレートヒェン)を見そめ、恋に落ちる。
恋は成就したものの、彼女の母親の死、兄の殺害、
そして気が狂ったマルガレーテの赤子殺しが行われ、
マルガレーテの処刑が行われるところで第一部は終幕する。
-----------------------------------------------------------------------------
いまさらですが「ファウスト」。ゲーテが80年の生涯をかけて手掛けた作品。
もともとのファウストは、実在した錬金術師で、悪魔と手を結んで力を得たが、
最後は壮絶なクライマックスを迎えるというオリジナルがある。

キリスト教三大文学の一つに数えられる「ファウスト」は、
その名著ゆえに、どの訳で読んだらいいか迷いますね。
日本では森鴎外が訳していますが、非常に難解。
現在出版されている中で、この池内訳が一番簡単です。
本来は詩体であったのを、散文にすることで作者の伝えたかった事を
明確、かつ分かりやすく読む側に教えてくれる。注釈も親切。
逆に、原典をご存じの方、ゲーテの深遠な思想を理解したいかたには、物足りないかも。

プラスして言えば、解説がかなり良い。
同時代に生まれた金融王ロスチャイルドとの比較は興味深い。
一幕ごとに、どういう進行なのかポイントを伝える場幕説明も、初心者には嬉しい。
絵については意見の分かれるところ。好きな方には、山本容子さんの絵本「ファウスト」なんてのも。
手塚治虫の「ファウスト」も有名ですね。

第一部では、愛の極みは刹那に終わるということを知ったファウスト。
死の一年前に完成したといわれる第二部では、さらに物語は複雑になる。
純粋にまた読みたいと思える作品であり、読むほどに感銘を受ける作品。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

アンナ・カレーニナ(上)

2009年08月24日 00:30

『トルストイ』著 木村 浩 訳 新潮文庫 484ページ

<あらすじ>
俗物官僚のカレーニンを夫に持つアンナが、
青年士官のヴロンスキーと不倫の恋に落ちる物語。

モスクワへ兄夫婦の喧嘩の仲裁へ行ったアンナ。
ヴロンスキーはモスクワ駅でアンナに出会い、恋に落ちる。
最初こそ意にもかけないアンナだったが、今迄に見ようとしなかった
「愛のない夫婦生活」に気がつき始める。その事実に恐ろしくなった彼女は、
逃げるようにしてペテルブルグへ帰るのだった。

しかし、その帰りの列車の中、彼女を追ってきたヴロンスキーに再会した時、
純粋に彼女は喜び、これまでの人生の偽りの愛を悟ったのだった。

ヴロンスキーと結婚する予定だったキチイは、実質的に捨てられる。
その直前にキチイにプロポーズしたリョービョンは、失意のうちに田舎へ帰ってしまっていた。
その後、この二人の方でも進展を見せることになるのだが…。
一巻はアンナが夫のカレーニンに、ヴロンスキーを愛していることを打ち明け、
また、同時に懐妊していることが分かるところで終わる。

トルストイでも、「戦争と平和」よりかは、はるかに読みやすい。
アウトローなドストエフスキーと違い(笑)、社会事業などに熱心だった人だけに、
農村経営や政治についても言及している部分が多い。
その割には物語要素が強いので、何も考えずとも読めるのが嬉しい。

モスクワから帰ってきたアンナが、俗な社交場を好むようになったり、
愛する息子にすら「幻滅を感じる」ようになったりするのは、
それまで満足していたこと以上のものを知ったからだろう。
さらに良いものを知ったがために、過去のものの欠点を探し出すという人の性が印象的。

前に読んだ「クロイツェル・ソナタ」で、トルストイは
基本的に「女は夫に従え!」的な発言をしているので、
先行きがどうにも気になるところ。家庭でも暴君だったらしいし…。

映画やバレエ作品としても多い。日本では栗原小巻さんの舞台公演が大変好評だったとか。
一女性の悲劇が、題材として取り上げやすいのはいつもセオリーですね。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

魔女の宅急便 その5 魔法のとまり木

2009年08月17日 22:40

『角野栄子』著 佐竹 美保 画 福音館書店 271ページ

「魔女の宅急便」の原作も第五巻へ。あらすじの確認はカテゴリー「児童書」より。

<あらすじ>
19歳になったキキは、とんぼさんとは相変わらずの遠距離恋愛。
ジジにも恋人ができて、取り残されたような気持ちになってしまいます。
そんな日々にイライラは募るばかり。

ある日、ファッションショーを手伝うことになったのですが、
「見せびらかせるため」に飛んだせいか、なんと魔法がヘソを曲げてしまう!
飛ぼうと思っても、ホウキは低空飛行しかしてくれません。
ジジの言葉も半分しか分からなくなってしまい、途方に暮れるキキ…。
-----------------------------------------------------------------------------
つかずはなれずの、とんぼさんとの関係もようやくこの巻で結末を迎えます。
劇場アニメ版「魔女の宅急便」では、ジジの言葉が分からなくなりましたが、
ここにきてやっと原因が分かりました!そして、飛べなくなった原因も…。
1巻の原作が発売されて、アニメになり、そしてその後の続編の発刊の流れなので、
順序としては「ジジの言葉が分からなくなる」、「飛べなくなる」というのは、
アニメが基になってるのかもしれませんが、そこら辺の事実はどうなのでしょうか。。。

キキととんぼさんが結婚して、完結…かと思ったのですが、
この巻の最後で、「この話の続きは、15年後から…」という気になる文章が…。
調べてみたら、「魔女の宅急便 その6 それぞれの旅立ち]が、今年の10月に
完結編として発売される予定ということが判明しました!

二人の間に、性格が全く反対な双子の兄弟が生れ、
その子供たちが旅立つまでを描いた作品になってるみたいです。
詳しくはコチラから。待ち遠しいですね~。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ



不思議な少年

2009年08月14日 01:38

『マーク・トウェイン』著 中野 好夫 訳 岩波文庫 251ページ

「トム・ソーヤーの冒険」「ハックルベリーフィンの冒険」から
少し雰囲気が変わって、内容もペシミズムに満ちたものになっています。
それぞれのあらすじ、感想はリンク先へ。

ペシミズムとは、物事を悲観的に捉える思想のこと。
要するに、「こんな世の中やってらんねー!」ということですよね。
…何度も覚えようとしても、横文字はなかなか覚えれません(笑)。

16世紀、オーストリアのある村に「サタン」と名乗る美少年がやってくる。
サタンは不思議な奇跡を起こすことができた。望むことは何でもかなえる力があり、
人が考えることはすべて分かってしまう。…なぜなら、彼は「天使」だったからだ。

村の3人の少年たちは、彼の力と不思議な魅力に魅せられる。
しかし、「天使」と「人間」では明らかに違いすぎた。
天使にとって人間は、象が蟻を気にしないのと同じような感覚であり、
死のうが生きようが、取るに足りないものなのだ。

サタンが引き起こす不思議な出来事は、楽しいことばかりではなかった。
「善と悪」の感覚がないため、人を殺すことも平気でやってのけるのだ。
しかし、そこに悪意はない。動物が楽しんで他の生き物を殺すことをしないように。
人間は「善と悪」を区別する「良心」があるからこそ、もっとも下劣な下等動物なのだ…!
サタンはそうして、人々の運命を変えていくのだった。

非常に奥が深い。「不思議な少年」はマーク・トウェイン晩年の作品ですが、
「突き詰めて考えると人間は一番下等…」という結論に至った作者が、
必死にそうでないと思いたがってる気持ちの揺れが感じられます。
そういえば、ハック・フィンの作品でも奴隷制度を通して人間の在り方を考えていたようですしね。

「不思議な少年」は、マーク・トウェインの死後、編集されて出版されたものですが、
草稿では、もともとキリスト教や権力社会に対して、もっとキツい批判をしていたようです。
現代のように表現が自由であれば、もっと辛辣な作品を残していたかもしれない作家ですね。
トムやハックの冒険譚で、大衆向けのイメージが強い作家になってますが、本来は違うのでしょう。

以前紹介した「ロミオとジュリエット」「黒猫・モルグ街の殺人事件」でもお馴染みの中野訳。
中野さんのはどれもかなり読みやすく、かつ表現も質が落ちないのでGood。
この苦悩に溢れた作品の訳者としてピッタリでしょう!(笑)

ちなみにウィキで知りましたが、マーク・トウェインと「あしながおじさん」
ウェブスターって、親戚同士だったんですねえ。プチトリビアでした。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

アンの愛情

2009年08月11日 23:23

『ルーシー・モード・モンゴメリ』著 村岡 花子 訳 新潮文庫 390ページ

「赤毛のアン」「アンの青春」の続編、アン・ブックス第三の作品。
これまでのあらすじは、上記リンクを参考にしてください。

子供時代を過ごしたアヴォンリーを離れ、レドモンド大学へ入学したアン。
勉学にいそしむかたわら、娘四人が集まって一軒家「パティの家」を借りたり、
社交界に顔を出したりと忙しい毎日を送るアン。

その間に時は流れ、彼女の周りでは友人が亡くなったり、
また結婚したり、親友のダイアナは子供が生まれたり…と、目まぐるしく環境が変わっていく。
アンにも求婚者があらわれ、ロマンスや絶望を経験するが、やがて幼馴染の
ギルバートに対して、アンの愛情は目覚め始めるのだった…。

一巻からのお馴染みの登場人物がたくさん出てきて嬉しい。
あいかわらず派手さはないものの、自然の描写や比喩がユニークで飽きません。
実際にモンゴメリの身近なものを題材にして書かれているからでしょうか。

作者自身はアンの家である「グリーンゲイブルズ」に住んでいたわけではないそうですが、
祖父の親戚にあたる人が実際に所有していた家で、良く遊びに行っていたのだとか。
それだけ美しいところなのでしょうね。カナダの作品はどれも自然描写が美しいですね。
アメリカ作品は独特な虚無感が特徴的ですが、隣の国でも違うものですね。

今回、読んでるのは古本屋で購入したもの。2008年に新装版が出版。
赤毛のアン出版100周年(2008年)でということですが、新装版でなくても
言い回し、漢字共に違和感なしです。講談社で掛川訳が出てますが、
横文字に弱い私には、こちらの方がお似合いのようです(笑)。

関係ない話ですが、前に「スタジオジブリ・レイアウト展」へ行きました。
フジテレビ系、「赤毛のアン」(世界名作劇場)では、アニメ制作にあの
宮崎駿、高畑勲の両氏がかかわっておられたのですね~。
展示会もモチロンよかったですよ!美術館に四時間も入り浸ったのは初めてです(笑)。

ところで、100周年という話題が出ましたので…。
「カナダ観光局」では、昨年に100周年記念のイベントが行われていました。
イベントの方は、もう終わってしまっていますが、サイトが残っていたのでリンクしときます。
アンが過ごしたグリーンゲイブルズ(緑の切妻屋根)の写真が掲載されてます。
こんなに素敵な家なら、アンが夢想にふけるのもしょうがないですね。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

千夜一夜物語8

2009年08月07日 20:18

『リチャード・F・バートン』版 大場 正史 訳 ちくま文庫 615ページ

アラビアンナイトも後半戦へ。千夜一夜物語の646~756話を収録。
おお、恵み深い王さま、とシェヘラザード(シャーラザッド)は語り続けた。
彼女が物語をするきっかけになったあらすじは、「千夜一夜物語4」をご覧ください。

アラジン、シンドバッドと有名な話は終わり、その他もろもろの物語になってきました。
あれ?「アリババと40人の盗賊」の話は、まだだったかな…?まあ、いいや。
恋する男女の話がたくさん収録されてる本でした。東洋の男女の熱情は、いやはや激しいこと!(笑)

強烈な男嫌いの姫と最後はめでたく結ばれる、「アダルシルとハヤット・アル・ヌフス姫」では、
恋い慕うアダルシル王子と、忌み嫌う姫との、詩のやり交わしが風情が出ています。
姫が王子に宛てた、詩を抜粋してみると…

「いざ、恋情を胸深く おもてに出さず、秘めたまえ
 われに背かば、大地とて 汝の体をささえまじ!」

美しくてユニークな詩は、アラビアンナイトの醍醐味といえますね!
日本で出版されている「千夜一夜物語」では、このバートン版が定評あるのも納得。
現在一般的に購入できるのは、このちくま文庫のバートン版と、岩波文庫のマルドリュス版。
後者は読んでませんが、評価を見ていると、どちらも読みやすそうですね。
バートン版は一冊600ページほどで全11巻。マルドリュス版は400ページくらいの全13巻。

バートン版に関して言えば、「古沢岩美」の挿画が実に妖美で美しい!(慶應義塾図書館蔵)
細かい装飾まで描かれてて、想像を湧きたててくれます。もっと入ってればいいのになあ…。

さらに、バートン版は注釈が多くて、非常に細かい。
風土の違う国だから、よく分からない慣習が出てきても、かならず注釈があるので問題なし。
人々は降雨の時に、裸になってふりそそぐ雨の恩恵を最大に受けるため、顔を空へむける。
そうして表へ出て宴会を張る。そういった事を拒む人は、「見ろ、あいつはアラーの祝福に背をそむけるぞ!」言われてしまう。

8巻になって、まとまりのある話が増えたように思えたかな。
いかさまにかけてはピカイチの母子が、自分たちを捕まえようとしてやってきた、40人もの男たちを、
丸裸にして恥ずかしめる、「やりて婆のダリラーと兎とりのザイナブが悪戯を行ったこと」や、
その話のあとに続く物語など、二部構成という手法も用いられる珍しい巻です。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。