スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天使」と「悪魔」がよくわかる本

2009年09月24日 23:45

『吉永進一』監修 『造事務所』編著 PHP文庫 317ページ

前回の「世界の神々がよくわかる本」に続いて、今度は「天使と悪魔がよくわかる本」
内容が重複しているところもありますが、僅かなので続けて読んでも大丈夫です。

東洋と西洋で、それぞれ分類して天使と悪魔を紹介しています。
簡単に「天使」と「悪魔」、「東洋」と「西洋」といっても、住み分けは難しい。
そこのところ、どうするのかなぁと思いましたが、結論的には無理やり分けた感があります。
もともとはある民族の神として祭られていたものが、キリスト教が普及したために、
「悪魔」とみなされてしまった…とか。世界中に色々な解釈があるので仕方ないでしょうが…。

代表的な例をあげてみると…
「天使」… ミカエル、ガブリエル、ラファエル、ウリエル、メタトロン、ラジエル 等 (西洋)
       梵天、帝釈天、毘沙門天、阿修羅王、弁財天、哪吒、アプサラス 等 (東洋)

「悪魔」… ルシファー、バール、ベルゼブブ、アスモデウス、リリス 等 (西洋)
       アーリマン、カーリー、イブリース、ラーヴァナ、ティアマト 等 (東洋)

まあ、何とも多種多様な顔ぶれ。ああ、この悪魔はゾロアスター教発祥だったんだ…とか、
意外な発見などもあって、この値段、この容量であれば、満足できる内容かなと思います。
しかし、やっぱり悪魔の方が読んでて楽しいもんですね。天使はお堅いわ~(笑)。

巻末の方には、「聖人」と「魔導師」というのもオマケでついていて、
玄奘三蔵や、ファウストなどの「天使とかかわった人」「悪魔とかかわった人」が紹介されています。

有名な天使や、悪魔はどうしてもエピソードが多いため、
そのすべてを紹介しつくすのは文庫の容量から、当然無理というもの。
知っている人からすれば、「そんなこと当たり前!」という事ばかり出てきて、
物足りない…という内容です。浅く、広く、まさにそんな感じです。

ここの造事務所さんが出してるシリーズは、あくまで「入門書」としてみるべきですね。
イラストもイメージが湧きやすいように…という感じがします(今回も仙田聡さんです)。
ただ、前にも触れたように、コラムは面白い!
『魔法円の描きかた』とか、『「ソロモン王の鍵」にみる惑星天使』など、
ちょっとした豆知識(?)みたいなサービスが嬉しい。
監修の吉永進一さんの趣味が入ってるんでしょうか…。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

「世界の神々」がよくわかる本

2009年08月26日 20:28

『東ゆみこ』監修 『造事務所』著 PHP文庫 317ページ

非常に読みやすく、簡略化された神様図鑑。
唯一神を崇めるキリスト、ユダヤ、イスラムは除外され、
ギリシャ、北欧、ケルト、インド、メソポタミア、エジプト、クトゥルーの
計7つの神話を取り上げて神様を紹介しています。

一つの神話につき、大柱になる3神ほどをイラスト1ページ、
解説3ページの計4ページで紹介し、次席の神を2ページ、
その他の神を1ページ…と紹介している。

内容は本当に「さわり」部分にとどまり、神話に慣れ親しんだ人には、真新しい発見はない。
今の日本ではゲームなどでも、神々の名前が至る所に使われているので、
その神々がどういう存在なのかを知るための初心者向け本。

最近、ひそかに神話とか古典のブームが来てるのかなあ…と感じますが、
時代の波にうまい具合にこの本も乗ったようで、36万部突破だとか。
少し俗っぽく書きすぎてるきらいはありますが、まあ許せる範囲かと。
有名とは言い難い、ケルト神話とかになると、読んでない人には、
「ふーん」と読み飛ばしてしまうところがあるかも。

神話といっても世界各国に無数にありますが、基本的なのは上記7つと、
アメリカ(マヤ・アステカ)、日本、中国くらいが主だったもの。
ケツァルコアトルなどの有名な神がコラム程度でしか触れられてないのも、
あまりゲームとかで活躍していないから??と、人気取り的な部分を感じる…。

ただ、「武器」や「食べ物」に注目したコラムは面白い!編集の遊び心が感じられます。
それに加えて本書の魅力はイラスト。表紙と中のイラストは別の人が担当してますが、
挿画の仙田聡さんの描く神々は迫力があり、イメージとして頭に描きやすいです。

「世界の神々がよくわかる本」の東ゆみこさん以外にも、色んな人の監修のもと、
「天使と悪魔がよくわかる本」や、「伝説の武器防具がよくわかる本」など、
シリーズ化されて出版されています。アマゾンから広告メールが来ること来ること。

こうして神話の世界が、一般的に広がりを見せるのは、一時的なブームだとしても喜ばしい事ですね。
もっと広範囲を網羅している説明を!という方には「世界神話辞典」など。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

タオ 老子

2009年01月24日 01:27

『加島祥造』著 ちくま文庫 284ページ

老子とは何ぞや?
その入り口の部分がとてもよく分かります。
小学生でも読めそうな詩の中に、とても深い意味がこもっています。

老子といえば、道家。私的には、孔子が学校の先生なら、老子は用務員のおっちゃんのイメージ。
先生みたいに、小難しいことばっかりじゃなくて、なんか一緒にいたら落ち着くというか、安心する感じ。
まあ、この口語訳がそういう印象を与えるからかもしれませんが。

老子で説いているのは「道(タオ)」。
これを説明するのはちょっと難しい…本書の中の言葉を借りれば、

「 タオの在り方にいちばん近いのは
  天と地であり
  タオの働きにいちばん近いのは
  水の働きなんだ。
  タオの人がすばらしいのは
  水のようだというところにある。
  水ってのは
  すべてのものを生かし、養う。
  それでいて争わず、威張りもしない。
  人の厭がる低いところへ、先に立って行く。
  水はよほどタオの働きに
  近いんだ。                   」

訳がかなり口語的で、英単語とかも入っているから斬新。
原文とは印象が違うけれど、思想を平易に理解するだけなら充分かなと。
この本のいいのは、口語詩文になっているのに(その内容が深いだけに)、
最初の一章を読んだだけで、そこいらの詩とは違った感動を受けること。
忙しくて仕事に疲れて凹んでた私も、元気をもらいました。

なんかね…用務員のおっちゃんが語りかけてくるんですよ。
混沌の中から天と地が生まれて、その間に命が生まれた。
私たちは犬や猫とおなじだよ、同じ命だ。
天を目指して上に行きつきゃ落ちるだけだし、
どん底に落ちたらあとは上るだけだ。
なんでもバランスが大切さ、まんなかでゆっくり漂えばいいんだ。
あくせくせず、水のように生きようよ…。

そうやって語りかけてくる。だから、仕事が忙しくても、
「アカンあかん。バランスや、バランス…」と自分に言い聞かせると、楽になる。

この本はゆ~っくり読んでほしいです。
仕事に疲れたサラリーマン、OLの方、本書でほっとする時間をどうぞ。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。