スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教(下)第二部 教理

2008年08月15日 11:43

『ベック』著 渡辺 照宏 訳 岩波文庫 168ページ

上巻では仏陀についての紹介と考察が主だった本書は、下巻で仏教の教理に移る。
上巻参照はこちらから→http://hihidx.blog115.fc2.com/blog-entry-153.html

仏教は瞑想に始まり瞑想に終わる。
人が生きてる理由とか、死んでいく理由とか、哲学的な事を仏陀は求めた訳ではない。
その答えを求めるよりも実際に瞑想をして、二度と輪廻で生まれ変わらないように
俗世への欲望を捨てる事が第一であった。仏教は実践的な宗教なのだ。

信者の中には、そういった哲学的な疑問の回答を聞きたがる人もいた。
しかし、仏陀はその危険性を知っていた。すなわち、質問者をその答え、
言葉の中に束縛し、心の解脱を妨げることを。

仏陀といえば、仏像とかに見られるように、瞑想をしているイメージがありますが、
実際にその瞑想の中身はどうなっているのか。
仏教の最終目標は「解脱」。いわゆる「涅槃」と呼ばれるものです。
色々な欲望を捨てることによって、輪廻の生まれ変わりの輪から抜け出す。
その為、瞑想をして欲望を捨てる。欲望のすべてが無くなった時が、「解脱」である。

解脱へ至る道にはいくつか道程があって、予備段階を入れると5つの道がある。
まず第一は「信仰」。仏陀の説法で道を踏み出す決意を固める。
簡単に言うと、贅沢な暮しを辞めて坊さんになるということ。
托鉢をして、瞑想をして、清楚で正しい生活をする道へ踏み出すこと。

第二は「戒律」。決意をした後は実行に移す。
言葉も坊さんらしく丁寧に話し、性交を避け、解脱へ向けて努力する。
最終的に欲望をなくすことが大事なので、イメージにあるような「苦行」を必ずしも勧めていない。
仏陀もその昔、苦行をもって欲望を捨てようとしたけれど、途中で「これは違う」と思って辞めている。
その人が、苦行によって欲を切り捨てられるならいいけれど、絶対にしないといけないという訳ではない。

第三は「瞑想」。精神を集中して瞑想にふけると、何も聞こえなくなるという。
仏陀が瞑想をしている時に、その傍に雷が落ちたことがあったが、瞑想中の仏陀には何も聞こえなかったという。
瞑想にも段階があり、上の段階に行く毎に神様の世界を通ったりすることができる。
最終的な解脱に至ると、人は神より偉くなることができる。

第四は「英知」。瞑想にふけることで、人は神通力や千里眼といった能力も手にすることができる。
神様の世界を通っていくのだから、むしろそれ位はできて当然の世界になってくるのかもしれない。

第五は「解脱」。人間の宿命である、「病む」、「老いる」、「死ぬ」の輪廻から脱する。

最後の方になってくると、なんだか現実味のない話になってくるので、
シュールな宗教だと思っていただけに、少し拍子抜け。
本の方は、文献も多く、文章全体も読みにくく論文的。
底本が古い割に内容はしっかりしていると思うけれど、
最後の方で作者自身仏教信仰の厚さが見える気がするので、そこが残念。

仏教を知るという意味では参考になりましたが、もう少し簡単な本でも良かったかなと思います。
最近は宗教が徐々に生活に浸透しているので、「世界の神様がわかる本」とか、書店で見かけますね。
ああいった本でも十分仏教の面白さは分かるのではないかなという気がしました。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

仏教(上)第一部 仏陀

2008年08月05日 20:30

『ベック』著 渡辺 照宏 訳 岩波文庫 177ページ

最近モーニング2で連載されている『聖☆おにいさん』という漫画にハマっています。
漫画といえば、横山光輝氏の『三国志』と、『新世紀エヴァンゲリオン』くらいしか
最近は興味のなかった私ですが、友達に勧められたこの漫画にはかなり爆笑しました。

結構人気もあるようで、作者のサイン会とかも催されているそうな。
内容は、世紀末のお勤めを無事に終えたイエス・キリストと仏陀が、
東京のアパートで部屋を借りて生活しているというもの。
宗教を知らなくても充分楽しめる内容ですけど、知っているとなお面白い。
借りて帰ったあと、電車で読んでましたが、笑いを抑えるのに必死でお腹がよじれそうでした。

とまあ、漫画の話は置いといて…。最近は宗教を知ってると随分便利ですね。
ロシア文学がジュンク堂で平積みになっていてビックリしましたが、
読書が流行りに乗ってきた感じがします。これを機に、古典文学の見直しも起こっているようですね。

ただ、仏教とキリスト教では絵的にもストーリー性も、
ドラマチック感が大きく違うのでしょう。仏教を元にした作品はあまり見かけません。
今回この本を読んで思ったのは、いやいや仏教も負けてないよ!ということ。

キリスト教との大きな違いは、仏陀自身が神や教祖となっていないこと。
イエス・キリストは「神の子」として地上に降り立ったのであって、
キリストの像に向かってお祈りするのは、神様にお祈りしているのと同義。
しかし、仏陀は教えを広めただけであって、自らを教祖として崇める事を、むしろ反対している。
「自分が死んだら、教理を師と思って修行に励みなさい」と、死ぬ時にも弟子に言う。

じゃあ教理とは何なのか。意外に仏教の教理って知らないんじゃないでしょうか。
教典がないと仏陀は現れなかっただろうし、仏陀がいないと仏教は世界に広がらなかったでしょう。
この本の第一部は、仏陀の生涯と、仏陀という人間の考察、文献の考察などが主だった内容。
前半部分、仏陀の生涯はストーリー性があって面白いけれど、後半は興味のない人には大学の講義のようでつまらないかも。

先ほど、仏教もストーリー性は負けてないと言いましたが、
なにせその生い立ちがシュールな事と言ったら、キリストに対してもタメを張るでしょう。
生まれた時は、母親の右脇からポロっと出てきて、いきなり7歩歩いたかと思うと、
「天上天下、唯我仏尊」と言い放つ。すごいエラそう(笑)。王子として何不自由なく過ごして結婚もする。
しかし、ある日外に出かけた王子は、年老いた人と、病に苦しむ人、そして死んだ人を見る。

美女に囲まれ、おいしいものを食べ、金銀宝石に彩られ生活してきた王子は、
いずれ行き着く人の運命を見て、虚しさを覚える。
どうせ人は死ぬのだ。しかし、こういう俗世の欲望があるためにまた生まれたいと望む。
そしてまたこの世に生まれ出ては、死という運命を背負って苦しむ。その繰り返しなのだ。

死という苦しみを避けるにはどうしたらいいのか。
ピコン!(クイズ大会のあれ)
そうだ、生まれてこなきゃいいんだ!!

少し乱暴すぎる解説になりましたが、簡単に言うとそういう感じ。
ブッダが苦行を行うのも、俗世の煩悩や官能欲を断ち切って、死を繰り返す輪廻転生を断ち切るため。
輪廻で生まれ変わるのは、私はいいことだと思ってたのですが、認識違いだったようです。

すべての人は「患者」であって、病める精神の持ち主。
仏陀はその人々を救うため(輪廻を断ち切るため)に立ち上がり、仏教を広める。
仏教の基本的な部分を理解するのは、意識的に本を読まないと分からないものですね。
なかなか読む機会がなかったので、今回は勉強になりました。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。