スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツキを呼び込む「論語」の成功法則

2009年02月22日 21:14

『植西聰』著 成美文庫 246ページ

「己の欲せざる所は、人に施すこと勿れ」
「一を聞いて以て十を知る」
「古きを温ねて新しきを知る」

論語といえばこれらの有名な言葉。
礼に始まって礼に終わる…とかアバウトな認識でしたが、
こういった言葉も論語の中にあったんですね。知りませんでした。

イメージとしては「すっごい常識人だなこの人…」という感じ。
良い指南書の”抽象的”さもあって、応用のきく書物でした。
ビジネスには勿論、下手な相談に乗ってもらうより、落ち込んだ時に
元気づけるためにもいいと思います。

最初こそ卑屈にみてしまって、「そんなこと言われんでもわかるわ~」と
考えてしまうんですが、素直な気持ちで読んでると心に入ってくる。
これが孔子のすごいところなんだろうなあ…。
基本的に、色々学んでも「それができないから苦労してるんだよ…」
という帰結になるんですが、この中の一つでも心がければこの本の価値があったかなと。
正直言ってしまうと、この類の本は沢山あって、底本にあるのはやっぱり
孔子とか孫子とかになるんだろうなあと思います。

こういうありがたい話ですから、当時のエピソードとかがもっと多ければ
よかったかもしれません。実践的に作られてるせいか、
「こういう上司いますよね…」という例えに持っていかれることが多いので、
少し俗っぽい気がしました。肝心の「ではどうすればいいか」という思考に促されないので。

ある程度の年齢になると、こういった指南書はどうしても斜めに見てしまうので、
もっと若いころにたくさん読んどけばよかったなあと思います。
たとえそれが実践できなかろうと、人間の根本になる教えだと思うので。

それとは意を異にして、積極的に読んでほしいなあと思う人は、
ビジネスで失敗しそうになってる、または失敗して悩んでいる人。
私がまさにそれでしたが、効果絶大でしたよ(笑)。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

孫子の兵法

2007年10月11日 23:55

『守屋洋』著 三笠書房 254ページ

副題は「応用自在!ライバルに勝つ知恵と戦略」。

孫子は二千年以上も前に書かれた、中国古代の兵法書。
日本では「風林火山」で有名な武田信玄の旗も、これに由来する。
そして、今日ではビジネスにも役立つと注目されている。

読んでみると、なるほど。
これは兵法書ではあるけれど、一種の人間観察記録と感じる。

「しばしば賞するは窘(クル)しむなり」というくだり、
部下をどなりちらしておいて、あとで離反を気づかうのは、
みずから不明をさらけだしているのである。と、孫子は説く。
うん?何か身近で思い当たる節があるような気がしないでもない。

本の中身は、孫子の中の原文と、それを解した文、
そして具体的な歴史の事柄などを紹介している。
実際のビジネスの場面を想定した例が割と少ないのが残念なところ。

ただ、歴史の中に孫子がこれほど浸透しているのは、
作者が、深く人間を観察して書いたからこそ、
読んだ人がすぐさま実践に移せる内容なのではないか。

「戦争は、準備段階が重要である」は、
「チャンスは準備をしている人にこそやってくる」に読めるし、

「少ない軍勢が、大軍に正攻法で挑んでも勝ち目がない」は、当然のことだ。
中小企業が大企業のように、色々な事業を手がけても敵わないのは目に見えている。
むしろ、キラリと光るユニークな技術を持つ方が良い。

こう見ると、なんだか我々の生きている世界も戦場と変わりない気がしてくる。
功を挙げることができなければクビになる。。。
そんな切羽詰まった社会では、いかに戦いを勝ち抜いていくかが重要である。

孫子の著者、孫武。
彼が現代社会に生きていたら、いったいどんな「戦い方」をしてくれるだろうか。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

お仕事のマナーとコツ

2007年08月21日 19:59

『西田博子』監修 『伊藤美樹』絵 学習研究社 135ページ

仕事をする上での一般常識マナーと、前向きにとらえられる言い回しのコツ。
当たり前にできてることと、考えたらできてないなあ~と思うこと、
二つに分かれました。結婚式や葬儀に関することなど、
なかなか本を買ってまで学ぼうという機会がないので勉強になりました。

実は友達から貸してもらったものなんですが、なんせ読みやすい。
かわいいイラストの漫画形式なので、頭に入りやすい。
抑えるべきところは抑えている感じでした。

一番勉強になったのが、角の立たない会話の進め方。
「あえて反対意見を申し上げるのですが」
「できません」→「今日中というのは時間的に厳しいようなので、
もう一日お時間いただけるとありがたいのですが、よろしいでしょうか」

新人~部下を何人か持つようになったぐらいの人向け。
やや女性視点で書かれた内容。著者が女性だからしょうがないのかな。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。