スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイディプス王

2009年03月31日 00:39

『ソポクレス』著 藤沢 令夫 訳 岩波文庫 134ページ

災厄の降りかかる古代ギリシアの国、テバイ。
作物は枯れ、家畜は死に、疫病は蔓延し、国は滅びの兆しを見せていた。

良君オイディプスは、国を救わんとしてアポロンヘ信託を乞う。
それによれば、先王ライオスを殺した賊が、未だテバイにいることがすべての元凶だという。
オイディプスが王になる前、ライオスは旅の途中で何者かの手により殺害されていたのだ。
王は賊を見つけ出し、死か追放に処するよう全土に命令を下す。
しかし、しだいに明らかになる事実は、彼にとってあまりに残酷だった…。

オイディプスといえば、ギリシア神話ではスフィンクスの謎を解いた人物として有名。
「1つの声を持ち、2つ足にしてまた4つ足にしてまた3つ足なるもの」
これなーんだ?ご存じの通り答えは「人間」。あのエピソードですね。
先王ライオスの亡きあと、スフィンクスの通せんぼに悩まされていたテバイの国民を救ったのがオイディプス。
その叡智により国王となったのだが、実はオイディプスは山奥に捨てられたライオスの実子であったのだ。
「自らの子の手により、亡き者にされる」という信託を受けたライオスは、子供が生まれるや捨てるようにと命じたのだった。

と、ここまでくればご察しの通り、オイディプスがその子供であり、
探していた犯人は、実は自分であり、さらに先王の妻、つまり実母と契りを結び、
子供までもうけてしまっていたという事実が明らかになる。

ギリシア神話を読んだ人なら、この話知ってるわ~と思われるかもしれません。
私も一度は読んだことのある物語でしたが、劇作になるとここまで美しくなるものかと感動しました。
古い劇作だからな~と油断してましたが、構成の巧さ、詩句の美しさ、合唱の入り方、
どれをとっても見事でした。私的にはシェイクスピア悲劇にも匹敵する面白さでした。

良き王として国を救う想いが強いほど、自分を破滅に導いていくというのは、
悲劇の中でもさらに悲壮感を増す。これには脱帽の一言。

もっと興味深かったのは、後書きの部分で、
「スフィンクスは人間に「己を知れ」という意味で、あの謎を問いかけていた」というくだり。
オイディプスは「人間」という答えを導き出せたが、のちに自分自身についての「素性」を
知ることになり、「己を知ること」になる。これは、あまりにも皮肉が効いている。
作中でも「俺はスフィンクスの謎を解いた男だぜ」的な発言をしており、その対比が際立つ。

そう考えると、ギリシア悲劇というのはなんて奥が深いんだろうと思う。
1つ1つのストーリーが短いので、そこまで深読みして読んだことはなかったのですが、
今考えるとたしかに教訓的な話も多かったなあと今更ながら感じます。
(アクタイオーンの話はひどすぎると思いますが…笑)

劇作の美しさが、ギリシア神話という土台に加味されたこの作品は、
ギリシア悲劇を知るという意味で、大きな役割を果たしてくれる書です。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

孫子

2009年01月17日 00:21

『浅野裕一』著 講談社 289ページ

カテゴリーどこに分類すればよかったか分からず、とりあえず「古代文明」にしました。
分かりやすく、読みやすく、底本の考察などもあるので、初心者~少し知ってる人にオススメ。

孫子はとても抽象的な書だ。
兵法書というからには、具体的戦術を詳細に説いてるものを想像しがちだが、孫子においてはそうではない。
「呉子」などは、同じ中国兵法であっても、詳しく戦術を述べているため、こちらのほうが有益だとの評価もある。
戦争は時代とともに形態が目まぐるしく変化する。今すぐ役に立つものは、一度その手を使わば、すぐ役に立たなくなる。
それに反して、いくつもの奇策は一つの抽象的な基盤から生まれ、常に新しい。
事実、歴史上の著名な人物、たとえばナポレオンであるとか、毛沢東などは、孫子を読んでいたという。
どの時代にも用いることができる、これは孫子の大きなポイントだろう。

この本は一種の心理学である。
人間は~である…という書き出しが至る所で見られるように、
人の本質を逆手に取った戦術は、意表を突き、退屈しない。
西欧近代兵法は、軍隊のぶつかり合いであったことを考えれば、
古代中国で、既に奇策を持って戦うを良しとする兵法が説かれていたのは驚異である。

日本と言えば、武士道という言葉があるように、軍の勇将が名乗り出て、
「いざ、いざ!」と戦う、”正直もの”の戦いであった。孫子は戦国時代の日本にも渡ってきたが、
そういった戦い方は”卑怯もの”だとして、合わなかったのであろう。
もし、日本文化が孫子に融合していたのであれば、第二次世界大戦の特攻などは存在しなかったと思う。

孫子が奇策を用いることに重きを置くのは、「できるだけ戦争をしない」(戦わずして勝つ)ことを、第一にしているからだ。
多くの犠牲と浪費を要する戦争は、最終的な外交の手段である。
ここで一つ一つの内容を詳しく述べることはできないが、戦争だけでなく、
最近ビジネスマンにも孫子が注目されているというのも頷ける内容。
これもやはり、その抽象さゆえか。

前に紹介したビジネス書もその一つ、コチラは参考までに。
→ 『孫子の兵法』 守屋洋著 三笠書房


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

恋愛指南-アルス・アマトリア-

2008年11月27日 23:57

『オウィディウス』著 沓掛 良彦 訳 岩波文庫 214ページ

恋愛技術は、オレが教えちゃる!とばかりに自信満々の真打登場。
ローマの一大詩人、オウィディウスの教授はギリシア神話の神々も
ダメ出しをくらうほど手厳しく、そして楽しい。

そもそも、この本はパロディ。真面目腐った題材を、面白おかしくもじるのは、この時代すでに始まっていた。
題材になったのはウェルギリウスの「農耕詩」。ウェルギリウスと言えば、古代ローマの詩人では
一番有名といっても差支えなく、ダンテの神曲にも案内役として出てきていましたね。
いたって真面目な彼。きっとA型の男でしょう(笑)。それを一変して恋の手引き本に変えてしまった。
この手法が一般市民に受けたのは言うまでもない。

とにかくローマは性愛に自由だった。どこかで触れたかもしれないけれど、ポンペイは特にその傾向が強い。
ローマ市民にとって、軽井沢の別荘のようなイメージだったポンペイ。そこでは所謂、色町があり、
公然とそれが認められるような風習で、街にはペニスをおっ立てた彫像が堂々と立っていた。
カエサルの人気が高かった当時、あの有名な「来た、見た、勝った」のセリフをもじって、
「来た、やった、帰った」なんていう落書きが残されているというのだから、なんとも愉快。
(ちなみに本書の表紙を飾っている写真もポンペイの壁画である)
そんなローマを思い浮かべながらこの本を読んでいると、何ともいえない歴史の楽しさを感じる。

「女がさわられてよろこぶ場所をつきとめたら、恥ずかしいからということで、
 そこにさわるのを遠慮しないことだ。(中略)哀願の声が発せられ、
 耳をくすぐるささやきが洩らされ、甘いうめき声と愛のたわむれにふさわしい言葉が聞かれよう。」

この人にかかると、神様だって恋愛の道具の一つになる。
「ユピテル(ゼウス)にかけて!」と、大いに神様を証人にして女を口説け!
こんな感じなもんだから、全くあんたはもー…という感じ(笑)。

キリスト教の起りによって以来、性的なものの多くが破壊され、資料も随分減った。
この「愛の技術(原題)」も例にもれず、そのテーマ性のために禁書とされる。
しかし、ルネッサンスの意味が「再生」であるように、絶大な人気を博して
本書がまた読まれるようになった。このことは、内容の面白さを語るに十分すぎる証拠だろう。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

バートン版 カーマ・スートラ

2008年06月18日 18:35

『ヴァーツヤーヤナ』著 大場 正史 訳 角川文庫ソフィア 233ページ

カーマは「愛」、スートラは「教え」。
カーマ・スートラは古代インドの愛の技法を書いたもの。

どんな怪しげな技法が載っているのかと、スケベ心満載でページを開いた事を白状します。
カーマ・スートラでは、人生の主要目的を「アルマ」、「ダルマ」、「カーマ」があるとし、
この三つの間に調和がなければならないと唱えている。
「アルマ」は富。「ダルマ」は宗教的価値。そして「カーマ」は愛である。
つまり、物質的繁栄と、性的快楽と宗教を均等に追求していけば、
必ず幸福な人生が保証されるという訳である。

要するに、カーマ・スートラではその「愛」の部分をピックアップして、
人生幸福になるために、どういう性交をすればいいか、こんな方法がありますよという紹介をしている。
女性をオトすための方法や、男性が取るべき行動など、恋愛ガイドブックという感じ。
カースト制の階級名や、神様の名前が出てくるので、よく分からない単語もしばしば。

面白かったのは、日本では性交の四十八手というのがありますが、
古代インドでは六十四芸だったよう。う~ん、マハラジャ位とかあるんでしょーか…(なんだそりゃ)。
愛の技法と言っても、娼婦の地位がある程度認められていたインドでは、
富を求めて、女が男を捨てることも多々あったようで、以下では男を袖にする方法が列挙されている。

1.冷笑を浮かべ、足を踏みならしながら、恋人の不愉快な悪習と欠点をあげつらう。
2.恋人の知らないことを話題にする。
3.彼の学識を笑い物にし、ケチをつける。
4.彼の自尊心を傷つける。
5.学識や知恵の点で彼より優れている人に交際を求める。
6.ことごとに彼を無視する。
7.恋人と同じ欠点を持つ男たちをけなす。
8.彼の享楽法に不満をぶちまける。
                         …etc

う~ん、これは確かに腹が立ちますねえ。
これを見ると、古代インドの人っていうのは、とても自由に恋愛を楽しんでいるように見えますね。

折角なので、少しばかりHな話題を(笑)。
第九章では「口淫」についての記述があり、まずマッサージを口実にして相手の太ももに触れる。
男性のものが大きくなったら、それを両手で握りしめて、そういう状態になったことをからかう。
相手の男に口淫を迫られたら、まず首を振って断り、最後にやっと渋々承諾する。

第一に片手でリンガ(男性器)を持ち、口唇の間で動かす。
次に花のつぼみのようにすぼめた指でリンガの根元を抑え、歯も使いながら、リンガの側面を唇で圧迫する。
その先をせがまれると、閉じた唇でリンガの根元を圧迫し、抜去するがごとく接吻する。
さらに先を求められて、リンガを口中深く含んで、唇で圧迫し、次にこれを引き出す。
リンガを片手で支えながら、下唇に接吻するように接吻する。
接吻の後、いたるところで舌に触れる。
この時その半分を口腔に含み、強く接吻しながら吸う。
相手の承諾を得て、リンガをすっかり口腔に含み、さながら飲み込もうとする。

本当はそれぞれにやり方の名称がついてますが、省略。
他にもリンガを大きくする方法などが載っていまして、その気になる方法ですが、
木に巣くっているある種の虫の針毛でリンガを摩擦し、次に油で十日間また摩擦し、
再び針毛による摩擦を行う。しだいにリンガが大きくなってくるから、今度は穴のあいた寝台に横たわって、
リンガを垂れ下がらせる。そして、冷えた調合薬を使って膨張の痛みを取り除く…。

気になる方は、直接カーマ・スートラを参照してお試しあれ(笑)。

参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。