スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失はれる物語

2007年10月24日 19:10

『乙一』著 角川文庫 381ページ

自殺について、
差別について、
生きることについて、

友人と話し合っても結局いつも答えが出ない領域。
まるで顔面をバスケットボールのようにつかまれて、
その問題を無理やり見せつけられるような感覚。

この作品を読んでて感じることを大まかに言うとそんな感じ。

内容は短編集で、暗い話と明るい話の両極端が収録されている。
乙一という作者を検索にかけてみると、なるほど、前者を「黒乙一」、
後者を「白乙一」と呼ぶらしい。

一つだけ話を紹介させてもらうと、
特殊学級で、不思議な能力を持つ子がいた。
いつも一人で周りと話を全然しない男の子だったが、
あるきっかけで、もう一人の男の子と友達になる。

その子の能力は「人が受けた傷を自分や他人に移せる」事だった。

もう一人の男の子は、父親に虐待を受けていた。
その父親が意識不明の重体で助かる見込みがない事になり、
「俺のオヤジに傷を移したらいいよ、だからじゃんじゃん人助けしよう!」てな感じで、
他の子供の傷を引き受け、父親に移させていく。

そして、ついに父親が死を迎える時が来た。
その時、息子が見たのは、移したはずの傷がまったく見当たらない父親の体だった…。

つまりは、少年が優しすぎて、自分ですべてを背負っていた訳で。。。
正直者は馬鹿を見る…じゃないけれど、
今の世の中、こんな奇麗すぎる心ではきっと生きていけない。

裏切り、妬み、嫉み、劣等感に優越感、
いつしか「しょうがないよ、人間そんなもんだし」と思って生きてる。

ふと、読んでいる途中でギリシア神話の話を思い出した。
人類に災いをもたらすために、パンドラという女性が作られた。
彼女は決して開けてはいけないという箱を、好奇心に負けて開けてしまう。
すると、ありとあらゆる災厄、疫病、欠乏、犯罪などが飛び出した。
慌ててフタをしめようとするが、すでに遅かった。

箱の中の最後に残っていたもの…それは「希望」だった。

「希望」ってのはきっと恥ずかしがり屋なんでしょうね。
何かの影に隠れてる事が多い。

こんな世の中でもきっと希望はある。
ベタなセリフだな、なんて思うけれど、その真意は深いと感じる作品。


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。