スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリバー旅行記

2007年08月30日 19:46

『ジョナサン・スウィフト』著 加藤 光也 訳 講談社青い鳥文庫 281ページ

言ってくれるなあ…。何度こう思ったかわからない。
通算して20回は軽く超えるだろう。それだけスウィフトの皮肉は強烈だった。

子供のころに見た映画を、大人になって見てみると、
受ける印象の違いに驚くことがある。
しかし、このガリバーの大旅行ほどギャップのある物語も珍しいんじゃないか。

小人の国でしばりつけられるガリバー。昔いつか見た風刺絵。
子供のころには、なんて楽しくて愉快な冒険なんだろうと思ったか。
本の裏表紙には「小学上級から」と書いてあって、文章も極力易しい。
子供のころにこんな人間に対する皮肉が込められた内容を
胸ときめかせながら読んでいたなんて。
まさか、スウィフトがこのギャップまでを考えて書いていたとは思えないが…
いや、わからない。大いにあり得ることかもしれない。

小人国、大人国、飛ぶ島の国、馬の国、四つの国をめぐって懲りもせず
旅を続けるガリバー。どこにいっても珍しがられ、馬鹿にもされ、見世物にされと、
さんざんな目にあいながらも航海に出ていく。

最初の旅立ちが1699年で、最後の国を出立してペドロ船長にイギリスへ
送り返してもらったのが1715年。なんと16年も家族をほったらかして、
たまにフラフラ帰ってきたと思ったら、また旅に出てを繰り返していたらしい。
よく奥さんに逃げられなかったなという感想はおいといて、
その「言ってくれるなあ」のひとつを紹介しようと思う。

飛ぶ島から降りた後に立ち寄ったラガート大研究所では多くの研究者が色々な研究をしていた。
その中で「人民を苦しめずに税金を取る方法」をある教授たちが考えていた。
一人は「悪徳や愚行に税金をかけたらいい」という。
これは一見、納得のいく考え方だと思う。もう一人は
「人々が自分の心や体でうぬぼれているところに税金をかけたらいい」という。

…う~ん、うまいなあ。。。大岡越前も顔負けだ。
歴史上のある皇帝なんて、一番の貧乏人になるんじゃないか。
現代でも答えの出ない問いかけを、この時から作家はしていたんだなあ。

私が年を重ねて、またこの本を読む機会があった時、
スウィフトの無数にある社会への問いかけがひとつでも解けているだろうか。
はたして……


参考になった!という方はゼヒ押してくださいッ →  にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。